無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

クラウドワークスで月30万円稼ぐ全手順!「逆算受注テク」で収益化する方法

クラウドワークスで月30万円稼ぐ全手順!「逆算受注テク」で収益化する方法

「クラウドワークスで月30万円を稼ぐ手順はどんなもの?」
「稼ぐまでの最短ルートを知りたい」
「どんな案件を受けたら稼げるようになる?」

こんな悩みを解決します。

クラウドワークスで、月30万円を稼ぐには、3つの要素があります。

  • 最初の1ヶ月は修行期間にする
  • 逆算受注テクをマスターする
  • 初心者はWebライターがおすすめ

月30万円稼ぐには、それなりの作業時間が必要なので、私のようなフリーランスじゃないと稼げないかもしれません。

ただ、時間単価を2,000以上にして、アルバイトよりも圧倒的に効率よく稼げるようにはなります。

この記事では、Webライターで月30万円稼ぐまでの手順を具体的に公開します。

本業レベルで稼げるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

運営者たけのプロフィール
タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からブログとライター収入のフリーランス。
ライター業務100件以上です。

【収入別】ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

月50万円Webライターで稼ぐ方法

Webライター1ヶ月目で初報酬を稼ぐ方法(最速で初報酬を目指したい方へ)

\本気の人だけ募集します/

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
たけのクラウドワークスプロフィール(実績100件超)
その他、直接契約あり。
目次

クラウドワークス月30万円はやり方を間違えなければ、半年で稼げます

クラウドワークス月30万円はやり方を間違えなければ、半年で稼げます

クラウドワークスで月30万円はやり方さえ間違えなければ、半年で稼げます。

Webライターがおすすめ

月30万円稼ぐなら、Webライターがおすすめです。

その理由は、初心者でも稼ぎやすく、誰でも挑戦できるからです。

  • Webライター:WordPressへの記事執筆練習だけで儲かる
  • プログラミング:儲けられるが、半年ほど勉強期間が必要
  • 動画編集:高性能のパソコンと動画編集ソフトが必要

プログラミングや動画編集は、少しでも経験がある人におすすめですが、経験がない人はWebライターがおすすめです。

スキルがなくても勉強できますし、初報酬までの期間を短くできます。

WordPressでの記事執筆練習を1ヶ月ほど頑張れば収入になるので、Webライターはとてもおすすめです。

最初の1ヶ月を猛烈に頑張るのが大事

最初の1ヶ月を猛烈に頑張りましょう。

集中して頑張る期間を作ると、スキルが一気に上がります。

一番やってはいけないのがダラダラと長期間やることで、なかなかスキルが向上していきません

  • 最初の1ヶ月毎日やりまくる(空き時間がないぐらい):早く稼げる
  • ダラダラと1日15分程度やる:時間がかかる

「最初に頑張って、後で楽をする」という考え方が最も稼ぎやすいです。

集中して猛勉強してから、収入を獲得するようにすると、思った以上に稼ぎやすくなりますよ。

クラウドワークスで月30万円稼ぐための絶対条件

クラウドワークスで月30万円稼ぐための絶対条件

クラウドワークスで、月30万円稼ぐための絶対条件は下記です。

  • 簡単な作業を選ばない
  • WordPressを勉強してライターになる
  • 書かれていることを正確にやる

この3つだけ満たせば、稼げる金額が大幅アップするので、ぜひ参考にしてみてください。

簡単な作業を選ばない

簡単な作業を選ばないのが、1つ目の絶対条件です。

その理由は、簡単にできる作業は時間単価が低く、少し難しい作業の方が稼ぎやすいからです。

すぐに稼げるものの例として、バイトがありますが、時給は低いですよね。

  • すぐに稼げる:バイトのように時給が低くなる
  • 少し時間がかかっても、スキルを獲得して稼ぐ:圧倒的に稼ぎやすくなる

Webライターの場合は、WordPressと文章の書き方を勉強する必要があります。

難しいように見えますが、1ヶ月ぐらい勉強すれば使えるようになるものです。

最初の1ヶ月で勉強できるかどうかは、その後の収入を大きく分けます。

最初に勉強できるかどうかが大事。いきなり案件を受けると、低単価で実力不足になってしまうよ。

WordPressを勉強してライターを始める

2つ目の絶対条件は、WordPressを勉強してライターをすることです。

WordPressを勉強しないライターは同じ文書を書いても、単価が減ってしまいます。

WordPressの有無単価
WordPressができないライター1円未満(0.5円未満など)
WordPressができるライター1円以上が多い

WordPressを難しいと思う方が多いですが、そんなことはありません。

プラグインや中のシステムを勉強する必要はなく、WordPressで文章が書ければいいだけです。

1ヶ月勉強すればマスターできますし、私のコンサル生は1週間〜2週間程度でマスターしています。

最初の1週間〜2週間でWordPressを勉強できるかは運命を左右するので、ぜひ勉強してみてください。

書かれていることを正確にやる

ライターに求められるものは、数多くのテクニックではありません。

書かれていることを正確にやる能力です。

  • テクニックを多く学ぶ:意外と稼げない
  • 数は少なくてもテクニックを正確にする:稼げる

このブログの内容を順番通りにやっていただければ稼げるんですが、やっていただけないのが現状(涙)

当ブログの内容を忠実にやるだけで、月10万円以上は稼げるようになります。

月30万円以上稼げるかどうかは、作業時間にもよりますが、副業で月10万円稼ぐののは「やり方」さえ間違えなければ、それほど難しいことではありません。

クラウドワークスで月30万円稼ぐまでの具体的なスケジュール

クラウドワークスで月30万円稼ぐまでの具体的なスケジュール

クラウドワークスで月30万円稼ぐまでの具体的なスケジュールは次のとおりです。

  • 初月:WordPressに記事執筆練習
  • 2ヶ月目:クラウドワークスの案件に応募
  • 3ヶ月目:稼げる案件を取りに行く

最初の1ヶ月を間違える人が多いので、必ずチェックしてください!

初月:WordPressに記事執筆練習

初月は、WordPressの記事執筆に集中しましょう。

本当に重要なことなので、Webライターで稼ぐなら、必ずWordPressに挑戦してください。

具体的な勉強方法は下記です。

<WordPressの勉強手順>

  1. 他のサイトの記事を見よう見まねで作ってみる(コピペになるので、非公開)
  2. 稼いでるブロガーの記事の見た目に近い記事を作る
  3. クラウドワークスの文字単価の高いジャンルで記事を作成する

自力で記事を作ろうとせずに、まずは稼いでいるブロガーの記事と同じような記事を作るのが大事

最初の1ヶ月で、稼いでいるブロガーの記事を入念に読み込んで、レベルを上げましょう。

2ヶ月目:クラウドワークス案件に応募

2ヶ月目は、クラウドワークスの案件に応募します。

WordPressが操作できるので、応募できる案件は1ヶ月目に比べて、格段に増えているはずです。

WordPress挑戦で受けられる案件
  • WordPress経験ありの案件
  • 画像挿入ありの案件
  • 単価が高い案件

WordPressを扱う案件に積極的に応募していきましょう。

2ヶ月目は1日1件ペースで応募し、採用されるまでの期間はWordPressでの練習を続けます。

とにかく多くの案件に応募しますが、応募文がテキトーにならないように注意です。

1件1件発注者が何を求めているのか把握して、クラウドワークスの案件に応募しましょう。

3ヶ月目:稼げる案件を取りに行く

3ヶ月目は、稼げる案件を積極的に取りに行きます。

最終的には、稼げる継続案件をいくつ取れるかが勝負になるからです。

<クラウドワークスで稼ぐ手順>

  1. 単発で案件を受注して、評価を増やす
  2. 単価の高い案件に積極応募
  3. 継続可能性ありの案件に応募
  4. 数をとにかくこなす

経験がないうちは、数をこなすことで、実力を上げるしかありません。

最初は大変ですが、なんとか数をこなして、Webライターとしての実力を上げましょう。

1日1件ペースで応募し続ければ、絶対に実力はつきますよ。

クラウドワークスで月30万円稼ぐ「逆算受注テク」

クラウドワークスに限らず、稼ぐのに重要なのは「逆算受注テク」です。

逆算受注テクは、稼げる案件の条件を自分から満たしにいくこと。

逆算受注テクの例(電話占い)
  1. 条件のいい電話占い案件を見つける(電話占いの経験はない)
  2. 電話占いを経験して、WordPressに記事を書く
  3. ①の案件に応募する

稼げる案件の応募条件を満たすように行動していくのが「逆算受注テク」です。

電話占いの場合、3日ぐらいで準備できます。

稼げそうな案件の応募条件を見て「自分には無理だ」と諦めるのではなく、応募できるよう自分を変えていくのが大切です。

逆算受注テク:応募案件から逆算して、今の自分を変えていく。半年ぐらいで稼げる案件をほとんど受注できるようになる

クラウドワークスで月30万円稼ぐために「応募すべき」案件

クラウドワークスで月30万円稼ぐ「逆算受注テク」

クラウドワークスで月30万円稼ぐために応募すべき案件は下記です。

  • 文字単価1円以上の案件
  • 当ブログ独自の応募基準を満たしている案件
  • 継続の可能性がある案件

順番に解説していきます。

文字単価1円以上の案件

応募すべき案件の1つ目は、文字単価1円以上の案件です。

その理由は、稼ぐには単価が全て、単価以上に重要なものはないと言っても過言ではないからです。

初心者は「高い案件は難しそう」と思ってしまいますが、文字単価の高い案件に挑戦した方が得られるものが大きいです。

<文字単価1円以上の案件>

  • 稼ぐメディアの運営を知れる
  • マニュアルがしっかりしていて、ライティングが学べる
  • 予算が潤沢にあるケースが多い

文字単価1円以上の案件に応募するのが稼ぐ絶対条件です。

WordPressを経験していれば申し込めるようになるので、積極的に応募していきましょう。

当ブログ独自の応募基準を満たしている案件

応募すべき案件2つ目は、当ブログ独自の応募基準を満たしている案件です。

私はコンサルもしているので、その時にどんな案件を受ければ、トラブルが少ないかを把握しています。

クラウドワークスの応募基準
  • 文字単価0.5円以上(早めに1円前後に移行)
    →テストライティングの文字単価0.5円以上
  • 評価4.5以上(4.8〜5が理想)
  • 過去の発注が10件以上
  • プロジェクト完了率80%以上(そこまで重視しなくていい)

    →特に、文字単価と評価が重要
    →状況が変われば、基準変更の可能性あり

この条件でやれば、トラブルは最小限になります。

特に発注者の評価は大事なので、注意してみてしてください。

継続の可能性がある案件

3つ目に応募すべき案件は、継続の可能性がある案件です。

高単価な継続案件こそが稼ぐライターには欠かせないからで、条件のいい継続案件だけで月30万円稼げます。

  • 稼げないライター:低単価の案件を受け続ける
  • 稼ぐライター:いい条件の継続案件を数件持っている

月30万円稼げるか稼げないかの差は継続案件で、私の場合1つの継続案件で月20万円ぐらい稼いでいます。

「相性がいい」「高単価」な発注者に巡り会えるかが大事なので、ぜひ探し切りましょう。

クラウドワークスで月30万円を妨げる「応募してはいけない」案件

クラウドワークスで月30万円稼ぐために「応募すべき」案件

クラウドワークスで月30万円を妨げる「応募してはいけない」案件も紹介します。

  • 文字単価0.4円以下の案件
  • 発注者評価が4.5未満の案件
  • 初心者にレクチャー案件(文字単価低)

上記の案件は応募してはいけない案件なので、注意しましょう。

文字単価0.4円以下の案件

文字単価0.4円以下の案件は、応募してはいけない案件です。

どんなにスキルがなくても、文字単価0.4円以下の案件には応募しないようにしましょう。

その理由は、大きく3つあります。

  • ライターを買い叩く悪質な業者が多い
  • ブラックな発注者が多い
  • 稼げない

「単価が低い=簡単」ではありません。

「安くでライターを雇えたらラッキー」と思っているだけのケースが多いので、文字単価0.4円以下の案件は受注しないようにしましょう。

発注者の評価が4.5未満の案件

発注者の評価が4.5未満の案件も、応募してはいけません。

その理由は、なんらかのトラブルに巻き込まれる可能性が高いからです。

コンサル生が「厄介な出来事」に巻き込まれた時の発注者の評価を全て記録しています。

面倒なこと(音信不通など)に巻き込まれた発注者の評価
  • 評価3.8:連絡が全然来ない。作業が進まない。1ヶ月ほど後に突然の作業要求
  • 評価4.2:仮払い前に作業を要求
  • 評価3.2:LINE登録を要求(規約違反)

評価4.8以上になると、ほぼトラブルは無くなります(ゼロというわけではありません)

発注者の評価が4.5未満の案件は、できるだけ応募しないようにしましょう。

初心者にレクチャー(ただし文字単価が低い)案件

「初心者に丁寧に教えます」と書いてある案件も、文字単価が低いとはNGです。

その理由は、丁寧さをアピールして、安くでライターを雇いたいだけの可能性があるからです。

<優しそうな案件の仕組み>

  1. 安くでライターを雇いたい
  2. 「優しさアピール」だと、ライターが集まりやすい
  3. 安くでライターを買い叩ける(言い方悪いですが、現実です)

アルバイトでいう「アットホームな職場です」と一緒です。

甘い言葉に惑わされて、文字単価が低い案件を受けると、スキルが上がりません。

クラウドワークスの月30万円は受験勉強→大学の流れと同じ

クラウドワークスの月30万円は受験勉強→大学の流れと同じ

クラウドワークスで月30万円稼ぐには、受験勉強のような努力が必要です。

受験勉強を頑張って、大学に入れれば、あとは結構楽ちんな生活が待ってますよね。(学部による。サークルで遊んだり)

クラウドワークスの月30万円も、最初の数ヶ月一生懸命頑張ったら、そのあとはだいぶ稼ぎやすくなります。

  1. 最初の数ヶ月間は必死で努力する
  2. スキルとスピードが身につく
  3. 楽に稼げるようになる(人生が楽になる)

最初の数ヶ月間を頑張るだけで、将来が大きく変わります。

「一生懸命、本気で取り組むその最初の数ヶ月間」を作れるかが勝負なので、月30万円稼ぎたい人は「WordPress」と「SEOライティング」を全力で勉強しましょう!

まとめ:クラウドワークスで月30万円稼ぐ手順!「WordPress」が運命分ける

まとめ:クラウドワークスで月30万円稼ぐ手順!「WordPress」が運命分ける

クラウドワークスで月30万円稼ぐ手順を紹介しました。

運命を分けるのは「WordPressが使えるかどうか」

以前はWordPressがなくても稼げましたが、今はWordPress必須です。

この記事の重要ポイント
  • WordPressがあると稼ぎやすい
  • 最初の1ヶ月間を修行期間にすると稼ぎやすい
  • 条件のいい継続案件を取れるかが勝負

クラウドワークスで月30万円稼ぐ手順は、達成可能です。

時間はかかるかもしれまんが、丁寧に作業すれば、月30万円は達成できます。

スキルを丁寧に積み上げて、月30万円を達成しましょう。

稼ぐライターに早くなる手順はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
収入別Webライターの始め方
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次