無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

Webライター必見!コピペ率を下げるテクニック例文付きで解説

WEBライター必見!コピペ率を下げるテクニック例文付きで解説

Webライター必見のコピペ率を下げるテクニックとは一体どのようなものなのでしょうか?

この記事ではWebライターが知っておきたいコピペ率を下げるテクニックをご紹介します。

コピペ率は自分で文章を作るのが大事ではありますが、テクニックがあるとさらにコピペ率を下げられます。

  • コピペ率を下げる「例え」とチェックツール使用法
  • コピペ率が大きくなりやすいライター案件
  • そもそもコピペ率は何%以下だといいのか?

こういったライター必見のポイントを紹介しますので、ぜひ副業にお役立てください。

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

Webライターがコピペ率を下げる具体的な方法

Webライターがコピペ率を下げるには、

  • 例え話、具体例を多く入れる
  • コピペ率が低い話題を伸ばす(無駄な文章はNG)
  • ネット上の文章を見ながら書かない
  • 他の単語と入れ替える

上記の方法が挙げられます。

例え話、具体例を多く入れる

例えば話を適度に入れることで、コピペ頻度を小さくできます。

  • 男性用の例え
  • 女性用の例え
  • 年代別の例え

得意なジャンルでの例えを普段から意識付けしておくと、コピペ率の低いライティングができます。

スポーツが得意な人ならスポーツ系の例えを何パターンか用意しておくなど、自分の得意ジャンルで例える練習を普段からしておきましょう。

女性の方向けの文章だとスポーツ系ではなく、他のジャンルの方がいいなどライティングのペルソナによって、具体例を使い分ける必要があります。

ただ、無駄話を長くするのはNGなので、例えを長くしすぎないようにしましょう。

例え話が長すぎると、文字数稼ぎと思われてしまう可能性があります。十分注意しましょう。

コピペ率が低い話題を伸ばす

コピペ率が低い話題を少し多めに盛り込むのも1つの方法です。

5000文字程度の文章なら、最初の2,000文字で一度コピペチェックを行います。

そうすると話題のコピペ率が高い話題とコピペ率が低い話題が見分けられるので、コピペ率が低い話題を積極的に取り入れていきましょう。

具体的な作業手順
  1. 文章が半分弱ぐらい完成した段階で、コピペチェックを行う
  2. どの話題のコピペ率が高いかをチェックする
  3. コピペ率が低い話題を優先的に盛り込む

※ 構成書の指示から逸れすぎないようにする

「まとめ」に書く内容などはコピペ率が低い話題に寄せるなどして対応します。

コピペ率の高い話題を優先的に扱ってしまうと、記事の最終完成段階で大幅な修正が必要になるので、早めにコピペチェックツールで確認しておきましょう。

ネット上の文章を見ながら書かない

ネット上の文章を見ながら書かないようにしましょう。

文章を見ながら書いてしまうと、どうしてもコピペ率が高くなってしまいがちです。

ただ、リサーチを必要とする案件はネット上の文章を見ながら出ないと書けない側面もあります。

  1. ネット上の情報を単語レベルで書き出す(年会費や情報など)
  2. 自分で文章を作る
  3. 具体例を多く入れる

この順番で執筆すると、一致率を下げられます。

他の単語と入れ替える

例えば、「メリット」という単語がコピペチェックツールで引っかかっていたとします。

そういった単語はできる限り、書き換えましょう。

文章が不自然になるのはNGなので、可能な範囲内で修正します。

メリットの言い換え
  • 魅力的
  • 良い点

ただ、この方法は小手先の方法なので、コピペ率は大幅に改善しません。

基本的には他の対処法で対応した方がいいですが、どうしてもコピペ率が減らない場合はこの方法も採用するといいでしょう。

より多くのサイトを情報源にする

多くのサイトを情報源にするとコピペ率が低くなります。

いろんなサイトを見回って、自分なりの文章を作っていきましょう。

ただ、ライターの場合は情報源が公式サイトや信頼できる企業サイトに限られることも多いです。

  • 公式サイトの中でも複数のサイトを見ていく
  • 1つの情報を複数の角度から捉える

「1ヶ月で1,000ポイント貯められます!」と記載があっても、それを多いと捉えるか少ないと捉えるか見方は複数ありますよね。

1つの情報を複数の角度から見て、幅広い視野で捉えるようにしましょう。

コピペ一致率が高くなりやすいライター案件とその対処法

コピペ率が高くなりやすい案件はリサーチ型の案件です。

クレジットカードなど利用条件が決まっているものに関しては利用条件をそのまま書かないといけないので、コピペ率が高くなりがち。

コピペ率に気をつけながらの執筆が必要です。

クレジットカードの内容を調べる案件

クレジットカードの内容を調べる案件はコピペ一致率が高くなります。

一致率が高くなる理由は下記です。

  • クレジットカードの名称がコピペになる
  • 年会費や特典がコピペになる
  • サイト数が多い

年会費や特典はネット上の情報をそのまま載せるしかないので、どうしてもコピペになります。

そして、金融系の案件は本格的なサイトが乱立しているので、コピペ率が高くなりがちです。

個人の使用感や具体例をより多めに入れて、コピペ対策しましょう。

電子マネー系・決済系の案件

PayPayはLINE Payなどの決済系案件はコピペ率を下げるのが難しいです。

導入前後の時期にキャンペーンをやっていたので、その時に作られたサイトが乱立しています。

他の案件とどっちにしようか迷っている場合は、電子マネー系の案件を避けた方がコピペを避けられるでしょう。

ライター案件を選ぶ時の基準にしてみてください。

証券会社系の案件

証券会社の比較系案件も、コピペ率が上がりやすい案件です。

金融系案件のコピペ率が上がってしまいがちなのは比較する案件が決まってしまいがちだから。

代表的な証券会社
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • au株コム証券
  • 松井証券

こういった証券会社の比較記事がほとんどなので、どうしてもコピペ率が上がってしまいます。

知識があまりない人がリサーチで記事を書いていくとコピペ率がかなり高くなってしまうでしょう。

実際に証券口座を使ったことがある人の方が記事を執筆しやすいですし、投資経験は必須です。

コピペ率は一体何%以下だといいのか?

案件によって違いますが、35%以下なら許容されるケースが多いです。

応募する時に明示されている案件に関しては詳細を確認して、何も書かれてない案件に関しては35%以下を目安にするといいでしょう。(案件によって基準は大きく違います)

30%以下にするのは金融系の案件だと少し難しいです。

コピペ率に関する基準
  • 応募詳細の記述が重要
    →30%以下は結構難しい(特にリサーチ系の案件は)
    →40%以下ならある程度達成しやすい
  • 記述がない場合は35%以内が目安(40%を超えるとさすがに厳しい)
  • 30%以内だとほぼ安全

できる限り、コピペ率は下げた方がいいので、自分なりにコピペ率を下げる方法を編み出していきましょう。

この記事にある内容はあくまで私が過去に試した施策であり、万人に当てはまるやり方ではありません。

自分で編み出すことが何より重要です。

この記事にあるやり方を参考にして、最終的には自分で編み出そう!

まとめ:コピペ率を下げれれば、ライター案件がより確実にこなせる

コピペ率はオリジナルな文章を書けば、下げられるというものではありません。

クレジットカード案件や証券会社の比較記事案件は記事が乱立してますし、書く内容も似通ってしまうため、どうしてもコピペ率が高くなってしまいます。

コピペ率を下げるためには、

  • テクニックを知っておく
  • コピペ率が高くなりがちな案件を知っておく
  • コピペ率の基準を知っておく

この3つが重要になってきます。

コピペ率が高いとライターとしての評価が下がってしまうので、コピペ率を下げる技術を身につけて、ライター案件をより効率よくこなしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次