無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

Webライターは難しいと感じた時の打開策3選を完全解説【98%は解決】

Webライターは難しいと感じた時の打開策3選を完全解説【98%は解決】

「Webライターは難しいからやらない方がいい?」
「稼げるのかどうか本音を聞きたい!」
「ライターで稼ぐ最短ルートはあるの?」

そんなお悩みを現役フリーランスのたけがお伝えします。

最初に結論を書きますと、Webライターはやり方さえ間違えなければ、まだまだ稼げます。

ただ、多くの人はやり方を知らないので、低単価で疲弊してしまうのが現実です。

私のはこの現状を変えるために、Webライターで稼ぐ方法を発信しています。

この記事でわかること
  • Webライターは難しいのか?
  • Webライターで難しいと感じた時の解決策
  • 稼ぐライターになるために必要な解決策

正しい始め方を知って、毎日時間を確保していけば、稼げる副業になります。

これまでの経験の全てをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

運営者たけのプロフィール
タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からブログとライター収入のフリーランス。
ライター業務100件以上です。

【収入別】ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

月50万円Webライターで稼ぐ方法

Webライター1ヶ月目で初報酬を稼ぐ方法(最速で初報酬を目指したい方へ)

\本気の人だけ募集します/

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
たけのクラウドワークスプロフィール(実績100件超)
その他、直接契約あり。
目次

Webライターが難しいと感じた時の解決策は3つ【やれば稼げます】

Webライターが難しいと感じた時の解決策は3つ

Webライターが難しいと感じた時の解決策は下記です。

  • WordPressに記事を書く
  • Googleで検索して出てきた記事をひたすら見る
  • スクールで勉強する

それぞれの方法を解説します。

WordPressに記事を書く

解決策の1つ目は、WordPressに記事を書くことです。

その理由は、WordPressが操作できると、採用される確率が上がるからです。

採用側からすると、WordPressを扱えるというだけで大きな武器になります。

  • 直接入稿を任せられる
  • 見出し構造への理解度がある
  • 自分で全て記事執筆していることがわかる

ライターで納品した文章は、編集が入っているので、本人が書いたか確認できません。

WordPressで書かれたブログは本人ができたかどうかを確認できます。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

Googleで検索して出てきた記事をひたすら見る

解決策の2つ目は、Google検索で出てきた記事をひたすら見ることです。

Googleで検索上位になっているブログが目標だからです。

WebライターはGoogle検索で上位に出てくる記事を執筆するのが目標なので、検索上位の記事を研究することは今後に向けて大きく役立ちます。

  • 目指すべき記事がわかる
  • 文字装飾のバランスがわかる

「Googleで検索して出てきた記事のような記事」を書けるように、Google検索上位のブログ記事を研究してみてください。

スクールで勉強する

スクールで勉強するのが解決策の3つ目です。

その理由は、膨大な情報を短期間で勉強できるからです。

スクールのカリキュラムは膨大で、ネット上の無料情報よりも体系化されています。

スクールのメリット
  • 基礎から順番に学べる
  • 情報量が多い
  • 添削サービスが用意されている

また、強制力があるのもメリットで、無料のコンテンツにはないメリットです。

お金がかかるものなので、判断はおまかせしますが、ライターに行き詰まった人はスクールも検討してみてください。

Webライターが難しいと感じてしまう理由

Webライターが難しいと感じてしまう理由

Webライターが難しいと感じてしまう理由は、次の点が挙げられます。

  • 案件を応募するのに勇気がいる
  • 執筆文字数が多すぎる
  • Webライター特有の決まりが多すぎる
  • Webライターと紙の文章の書き方が違う
  • パソコンの操作に慣れない

難しいと感じてしまうかもしれませんが、解決策もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

案件に応募するのに勇気がいる

理由の1つ目は、案件を応募するのに勇気がいることです。

その理由は、案件を応募するのに勇気がいることで、どの案件に応募したらいいかわからないことが多いです。

ただ、当ブログでは応募案件の選定基準を明確に決めています。

応募案件の選定基準
  • 文字単価0.5円以上(早めに1円前後に移行)
    →テストライティングの文字単価0.5円以上
  • 評価4.5以上(4.8〜5が理想)
  • 過去の発注が10件以上
  • プロジェクト完了率80%以上(そこまで重視しなくていい)

    →特に、文字単価と評価が重要
    →状況が変われば、基準変更の可能性あり

応募条件に迷っている方は、上記の条件を目安に応募するのがおすすめです。

全ての基準を守る必要はなく、大まかな基準としてご活用ください。

執筆文字数が多すぎる

2つ目の理由は、執筆文字数が多すぎることです。

Webライターで求められる文字数は2,000文字〜5,000文字程度が多く、執筆に慣れてない初心者だとかなりキツく感じてしまいます。

ただ、見出しを先につけることで、文字数問題は解決するケースが多いです。

<見出しと文字数>

  1. 見出しをたくさん考える
  2. 1見出しにつき250文字程度
  3. 3,000文字なら見出し12個でOK

1つの見出しにつき250文字という基準は、これまでライター案件の平均値を取ったものです。

執筆文字数が多いのは大変ですが、見出しを先に作ることで、だいぶ解決できます。

Webライター特有の決まりが多すぎる

3つ目の理由は、Webライター特有の決まりが多すぎる点です。

Webライターならではの決まりがたくさんあります。

  • 結論を先に書く
  • ひらがなで書くべき漢字がある
  • 発注者によって、マニュアルが違う

共通のルールがあるわけではなく、発注者ごとに特有の決まりがあるのが特徴で、A案件では正解だったことが B案件では失敗だったということが多数あります。

発注者ごとに決まりが異なる点も、Webライターが難しい理由の1つです。

Webライターと紙の文章の書き方が違う

Webライターと紙の文章の書き方が違う点も、Webライターが難しいと言われる理由です。

  • 見出しがSEOにも関わっている
  • Googleに評価される文章を書かないといけない
  • 申し込みを考えないといけない

Webの文章は会員登録やLINE登録などにつなげるケースが多く、売上を意識して書く必要があります。

紙の文章は既に購入されたものを読むケースが多いので、その点に違いがあります。

パソコンの操作に慣れない

Webライターは、パソコンの操作が必要なのも難しいポイントです。

パソコン操作に慣れてないと、執筆スピードが遅くなり、稼げなくなるからです。

Webライターはパソコン操作をまず覚える必要があります。

  • 最低限のショートカットキー
  • タイピングスピード
  • 画像挿入

この3つは覚えておいて損はないでしょう。

Webライターが難しいと感じた時に知っておきたいテクニック

 Webライターの作業が進まない時に知っておきたいテクニック

Webライターの作業が進まない時に知っておきたいテクニックは下記3つです。

  • Googleドキュメントの音声入力
  • ラッコキーワードの見出しチェック
  • YouTube・Twitter検索

知っておくだけで大きく変わるので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleドキュメントの音声入力

Googleドキュメントの音声入力を使うと、文字入力が速くなります。

その理由は、1時間で3,000文字打てない私が音声入力を使うと、1時間で3,000文字以上打てるからです。

音声入力はタイピングが遅い人の味方で、今はかなり精度が高くなっています。

  • 入力スピードが早くなる
  • タイピングスピードが早くなる
  • 誤字脱字に気付きやすい(波線で表示される)

タイピングが苦手な人は、Gogoleドキュメントの音声入力を使いこなせば、素早く作業できますよ。

ラッコキーワードの見出しチェック

ラッコキーワードの見出しチェックで、ライバル記事の見出しを総チェックできます。

この技術を知っておくだけで、ライバルサイトの内容をおおまかに把握できるので、知っておくと便利です。

ラッコキーワードの見出し抽出

上の画像が見出しチェック時の様子で、各記事をクリックすると見出しが出てきます。

ライバルサイトの大まかな様子を見るときに使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTube・Twitter検索

リサーチする時に、YouTubeを使うのもおすすめです。

その理由は、YouTuberがいい情報を発信していたり、コメント欄に参考になる情報が載っているケースがあるからです。

また、SNSでの検索も使えます。

<ライターで使える検索>

  • Google
  • Twitter
  • YouTube
  • Googleマップ

YouTubeやTwitter検索はGoogle検索ではわからない口コミが載っています。

コメントから記事に書くべき内容が思いつくケースもあるので、積極的に活用してみてください。

Webライターが難しいと感じた人に最も効果があるのは人から学ぶこと

Webライターが難しいと感じた人に最も効果があるのは人から学ぶこと

Webライターが難しいと感じた人に最も効果があるのは、人から学ぶことです。

ネット上にはない細かいノウハウを勉強できますし、聞きたかった情報を直接入手できます。

私自身もライターやブログの情報は、オンラインサロンや人に会って、ゲットしてきました。

  • オンラインサロン
  • オフ会に参加
  • SNSでの相談会企画に参加

「先に進んでないな」と感じるときは、人から学ぶよう意識してみてください。

スクールやオンラインサロンの活用も1つの方法ですよ。

Webライターは勉強すれば、時給2,000円〜3,000円も可能

Webライターは勉強すれば、時給2,000円〜3,000円も可能

Webライターは勉強すれば、時給2,000円〜3,000円も可能です。

私が受けている案件は、時給2,000円〜4,000円の間で、メインの案件は3,000円〜3,500円になっています。

<時給を上げる方法>

  • 文字単価が高い案件を受ける
  • 作業は早く終わる案件を見つける
  • クライアントとの相性がいい案件を見つける

相性のいい継続案件を1つ見つけるだけで、Webライター人生は大きく変わります。

「案件を多く抱えている発注者」「単価が高い発注者」を見つけて、条件のいい案件を継続的に受けましょう。

まとめ:Webライターは最初難しいけど、やり方次第でかなり稼げる!

まとめ:Webライターは最初難しいけど、やり方次第でかなり稼げる!

Webライターは最初難しいですが、やり方次第でかなり稼げます。

SEOを理解して、納期までに納品してくれるWebライターがそこまで多くないからです。

「単価が上がらない」「難しい」と悩んでしまった時は、下記の方法を試してみてください。

解決策効果
WordPressに記事を書く単価アップ、採用率アップ
Google検索に出てきた記事を見るいい文章がわかる
目指すべき文章がわかる
スクールで勉強するお金はかかるが、濃密な勉強ができる
覚悟ができる

「Webライターは稼げない」とよく言われますが、スキルを身につければ、時給2,000円以上は稼げます。

時給3,000円以上も無理な話ではありません。

思った以上に可能性がある副業なので、「稼げるやり方」で、ぜひ挑戦して見てください。

稼ぐライターに早くなる手順はこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
収入別Webライターの始め方
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次