無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

ランサーズ初心者は何から始めるべき?副業で失敗しない3ステップを解説

ランサーズ初心者は何から始めるべき?副業で失敗しない3ステップを解説

「ランサーズ初心者は何から始めたら稼げるの?」
「副業で失敗しない方法を知りたい」
「ランサーズで最初にやるのはライター?データ入力?」

こんなお悩みをWebライターとブログでフリーランスをしているたけがお伝えします。

ランサーズで稼ぐには体系化された手順があります。

最初の収入でおすすめなのは、Webライターです。

この記事でわかること

きちんとした手順を踏んでいけば、1ヶ月後には報酬が得られるようになります。

稼ぐためのルートをきちんと辿って、在宅収入をゲットしましょう。

クラウドソーシング参考記事:クラウドワークスで月30万円稼ぐ全手順!「逆算受注テク」で収益化する方法

運営者たけのプロフィール
タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からブログとライター収入のフリーランス。
ライター業務100件以上です。

【収入別】ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

月50万円Webライターで稼ぐ方法

Webライター1ヶ月目で初報酬を稼ぐ方法(最速で初報酬を目指したい方へ)

\本気の人だけ募集します/

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
たけのクラウドワークスプロフィール(実績100件超)
その他、直接契約あり。
目次

ランサーズ初心者でまず始めるべきなのはWebライター案件

ランサーズ初心者でまず始めるべきなのはWebライター案件

ランサーズ初心者でまず始めるべきなのは、Webライター案件です。

その理由は、資格や機材がなくても、案件を受注できるから。

ライティングの勉強は必要ですが、最低限の執筆スキルをマスターすれば、稼ぎ始められます。

Webライターに必要な最低限のスキル
  • タイピング能力
  • WordPressで記事を書く能力(1週間〜2週間程度で身につく可能性大)
  • 長文を書く能力:この記事で解説

他の収入はパソコンのスペックが必要だったり、ソフトが必要だったりします。

WebライターはWordPressがあればなんとか挑戦できるので、とてもおすすめです。

「WordPress」という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、Amebaブログやはてなブログの記事執筆画面の強化版だと思ってください。

では、ここからはランサーズ初心者がすぐ始めるべき3つのステップを解説します。

ランサーズ初心者は何から始めるべき?優先したい3つのステップ

ランサーズ初心者は何から始めるべき?優先したい3つのステップ

ランサーズ初心者は何から始めるべきかを解説します。

  • WordPressで記事の練習が最初
  • 目標とすべき記事を見つける
  • 何記事かWordPressに書いてみる

一番大事な3つのステップを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

実はWordPressで記事の練習が最初

WordPressで記事執筆練習するのが最もコスパがいいです。

その理由はライターとしての採用率が一気に上がるからです。

WordPressがないのはNGで、単価を上げて稼ぎたいなら、まずWordPressを使えるようになりましょう。

WordPressの重要性

WordPressは会社に送る履歴書のようなものです。WordPressで書いたない=画用紙で企業にプロフィールを送っているのと一緒。WordPressを使えるのは稼ぐ絶対条件

Webライターで稼ぐなら、WordPressは必須です。

WordPressはWebライターの「免許証」のような存在なので、必ず扱えるようにしましょう。

難しい印象があるかもしれませんが、1週間〜2週間程度勉強すれば、操作できるようになります。

WordPressの始め方を解説した記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

目標とすべき記事を見つける

次に大事なのは、目標とすべき記事を見つけることです。

どんな記事を書けばいいのかが分かれば、勉強しやすくなります。

では、どんな記事を見つければいいのか?

それは「Googleで上位表示されている記事」「稼いでいるブロガーの記事」です。

目標とすべき記事の見つけ方
  • Googleの検索上位記事:Googleで検索して、上の方にある記事を読んでみる
  • 稼いでいるブロガーの記事:SNSなどでブロガーの書いている文章をか探す

少年がプロ野球選手のバッティングフォームを真似するように、まずは真似から入るのが基本。

Webライターに求められることは、「検索上位に表示される記事」ですから、その記事を見本にしましょう。

検索上位記事や稼いでいるブロガーの記事を写経するのも1つの方法。コピペになるので、もちろん公開はNG。

何記事かWordPressに書いてみる

次のステップは、WordPressに記事を書いてみることです。

WordPressに3,000文字程度の記事が書けるようになれば、ランサーズの案件は受けられるようになります。

ただ、いきなりワードに記事を書いても、数百文字程度しか書けないと思います。

そんな長文が書けないあなたへコツを伝授するので、下記をご覧ください。

長文を書くコツ

これらを意識して記事を書いていくと、だんだん長文の記事が書けるようになります。

最初は慣れないと思いますが、まずは見出しを作ってから、記事を書き始めるようにしましょう。

ランサーズ初心者はどんな案件を受けるべき?

ランサーズ初心者はどんな案件を受けるべき?

ランサーズ初心者はどんな案件を受けるべきかを解説します。

  • タスク案件を1日1件受ける
  • 評価の高い発注者の案件を受ける
  • 評価がない発注者は文字数が少なめの案件にする

案件選びはとても重要なので、必ずチェックしましょう。

1週間タスク案件は1日1件受ける

タスク案件は練習のために、1日1件受けるのがおすすめです。

その理由は、ランサーズ初心者の練習になるからで、文章に少しずつ慣れていきます。

タスク案件では、自分が得意なジャンルと苦手なジャンル両方やりましょう。

  • 得意ジャンル:記事執筆スピードを早くする練習
  • 苦手ジャンル:知らないことを調べて書く練習

全く知らないジャンルでも積極的にチャレンジするのがコツ。

短い文章でまずは文章力を鍛え上げましょう。

評価の高い発注者の案件を受ける

発注者の評価は思った以上に重要です。

悪質な発注者を見抜けるからで、評価が他の発注者より明らかに低い場合は、トラブルに巻き込まれる場合があります。

  1. おおよその評価基準を知る
  2. 受けたい案件の評価を見る
  3. 平均的な基準かどうかを判断する

評価は思った以上に重要なので、文字単価の次にチェックしましょう。

トラブルの原因はあらかじめ避けるようにするのがおすすめです。

評価がない発注者は文字数が少なめの案件にする

評価がない発注者の案件は、文字数少なめの案件にしましょう。

発注者の評価が全くない場合は、いい発注者かどうかの判断ができません。

評価がいいか悪いかわからない発注者で文字数の多い案件を獲得すると、トラブルになった場合の対処が大変です。

  • 文字数が少ない案件:案件が早く終わる
  • 文字数が多い案件:案件が終わるまでに時間がかかる

トラブルが起こっても早く完了する案件なら、問題が早めに解決します。

評価がない発注者は判断基準がないので、文字数が少なめなら受けるスタイルがおすすめです。

あくまで過去の経験談から。実はクラウドワークス中心だけど笑。参考にしてね!

ランサーズ初心者がやってはいけない「失敗確実」な始め方

ランサーズ初心者がやってはいけない「失敗確実」な始め方

ランサーズ初心者がやってはいけない「失敗確実」な始め方をまとめました。

  • いきなり案件に応募する
  • コピペの文で応募する
  • 低単価案件に応募してしまう

どの方法も失敗への最短ルートなので、絶対に避けましょう。

いきなり案件に応募する

ランサーズ初心者がやってはいけないことは、いきなり案件に応募することです。

多くの初心者がやってしまいますが、挫折する最も大きな原因が「いきなりの案件応募」なのは間違いありません。

いきなり案件応募で挫折する理由
  • 低単価な案件しか受注できないから(文字単価0.1円など)
  • 落選ばかりするから
  • 応募できる案件が少ないから

落選ばかり続いたら、気が滅入ってしまいますよね。

「いきなり案件に応募する=レジ練習をせずにレジに立って、クレームをうける」ようなもので、あまりにも無謀です。

案件を受ける前に、少し練習をしておく必要があります。

その練習がこの記事で書いたWordPressです。

応募文がコピペ

応募文がコピペなのも、やってはいけない始め方です。

発注者は応募文がコピペなのは、簡単に見抜きます。

私も実際にクラウドワークスやランサーズで募集した経験がありますが、コピペの文章はほんの数秒で気づきますし、落選します。

コピペだとわかる瞬間
  • 応募詳細に書かれていることが書かれていない
  • 質問に答えていない
  • 1記事の依頼と書いているのに、「月10本執筆可能です」などと書いている

応募者の想像以上に、バレます。

応募文は発注者が何を求めているのかを読み取って、1件ずつ丁寧に応募しましょう。

低単価案件に応募してしまう

失敗確実な始め方3つ目は、低単価案件に応募してしまうことです。

低単価案件に応募してしまうと、時間が奪われてしまい、10時間やって1,000円なんてことになりかねません。

<低単価案件(0.5円未満)だけは避けるべき理由>

  • 時間がもったいない
  • WordPressで記事執筆した方が将来の収入が増える
  • 悪質な発注者が多い

Webライターを安くで雇おうとするだけでの発注者が多いので、0.5円未満の低単価案件に応募してしまうのは避けましょう。

低単価案件は本当に疲弊します。応募しないのがおすすめです。

初心者はランサーズとクラウドワークスどっちがいい?

初心者はランサーズとクラウドワークスどっちがいい?

私がおすすめするのはクラウドワークスです。

その理由は、発注者視点で考えた時に、クラウドワークスは複数人に依頼しやすいからです。

クラウドワークスとランサーズは依頼の仕組みが違います。

依頼の仕組み
  • ランサーズ:複数人を採用する時に、1人を採用してから、別枠で追加採用する
  • クラウドワークス:複数人を同時に採用できる

1つの案件で2人以上採用する場合は、クラウドワークスの方が操作しやすいです。

受注者も複数人を一気に採用できるクラウドワークスの方が採用されやすい可能性があります。

私の中でおすすめは、クラウドワークス・ランサーズの順番です。

まとめ:ランサーズ初心者は何から始めるべきか?まずは文章の練習からスタート

まとめ:ランサーズ初心者は何から始めるべきか?まずは文章の練習からスタート

ランサーズ初心者は何から始めればいいかをまとめました。

多くの人がいきなり案件を応募しますが、それが挫折の原因です。

効率よく稼ぐ手順をまとめましたので、最後に紹介します。

この記事のまとめ
  • 初心者はWordPressでライティング練習が「ほんっっっとう」におすすめ
  • 応募文コピペといきなりの案件応募はNG
  • クラウドワークスの方が複数人採用されやすい

WordPressは在宅で稼ぐなら必須で、扱えないと一気に稼ぐのが難しくなってしまいます。

やることがわからない場合は、まずWordPressブログの執筆を始めましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
収入別Webライターの始め方
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次