無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

ランサーズ初心者はデータ入力で稼げる?違う稼ぎ方がいい3つの理由

ランサーズ初心者はデータ入力で稼げる?違う稼ぎ方がいい3つの理由

「ランサーズ初心者はデータ入力で稼げる?」
「ランサーズなら、どんな案件をやったらいい?」
「そもそもランサーズで仕事を始めるべき?」

そんな疑問を解決します。

ランサーズ初心者はどんな案件を受けたらいいのかわかりませんよね?

私も初心者の頃は、データ入力案件をこなしましたが、とても疲弊しました。

その経験からわかることは、ランサーズのデータ入力案件以外の稼ぎ方がおすすめです。

この記事でわかること
  • ランサーズのデータ入力案件の評判と相場
  • ランサーズはデータ入力案件以外がおすすめの話
  • Webライターでどうやって稼いだのか?(クラウドワークスメインですが)

やり方を間違えると、低単価で苦しんでしまいます(私は苦しみました)

少しでも早く稼げるよう記事を作りましたので、ぜひ参考にしてください。

運営者たけのプロフィール
タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からブログとライター収入のフリーランス。
ライター業務100件以上です。

【収入別】ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

月50万円Webライターで稼ぐ方法

Webライター1ヶ月目で初報酬を稼ぐ方法(最速で初報酬を目指したい方へ)

\本気の人だけ募集します/

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
たけのクラウドワークスプロフィール(実績100件超)
その他、直接契約あり。

クラウドソーシングで稼ぎたい方向け:クラウドワークスで月30万円稼ぐ全手順!「逆算受注テク」で収益化する方法

目次

ランサーズ初心者がデータ入力で得られる収入と相場

ランサーズ初心者がデータ入力で得られる収入と相場

データ入力案件は、月1万円以上稼げる可能性があります。

ただ、膨大な時間を使う必要があり、アルバイト並みの収入は得られない可能性が高いです。

相場は1件数十円程度で、1,000件程度やれば、1万円を超えます。

データ入力に関して、SNS上にある口コミもまとめました。

データ入力は膨大な作業量をこなすだけになる可能性が高く、時間の無駄感がすごいという口コミがありました。

私もそれには同感で、やり続けても単価が上がっていかないのが辛いところです。

ランサーズ初心者はデータ入力よりWebライターがおすすめ

ランサーズ初心者はデータ入力よりWebライターがおすすめ

ランサーズ初心者は、データ入力よりWebライターがおすすめです。

データ入力案件をおすすめしない理由は複数あります。

データ入力案件をおすすめしない理由
  • Webライターの方が稼げる
  • データ入力は、一時凌ぎにもならないケースが多い

簡単な作業で稼げるイメージがあるとも思いますが、単純な分だけ作業量が多いです。

時間だけが奪われて、全然稼げず、スキルが身に付きません。

個人的な経験から、ランサーズではデータ入力よりも、Webライターがおすすめです。

データ入力案件は単純作業だけで、量が多い。簡単にサクッと稼げるわけではない。

ランサーズ初心者はデータ入力をやらない方がいい理由

ランサーズ初心者はデータ入力をやらない方がいい理由

ランサーズ初心者は、データ入力をおすすめしません。

  • スキルが身に付かないから
  • 稼ぐ金額が少なくなりがちだから
  • 長期的に稼ぎ続けられない可能性が高いから

絶対に押さえておいた方がいい情報なので、ぜひ参考にしてください。

スキルが身につかないから

データ入力をおすすめしない理由は、スキルが身に付かないからです。

ほとんどの案件はデータを入力する以上のスキルが求められないので、案件をこなしても自分自身のスキルが上がっていきません。

評価の数は増えても、能力が上がっていかないので、時給が上がりにくいです。

<データ入力とスキル>

  1. 膨大な量の入力事項がある
  2. 身につくスキルはパソコンの操作スピードが上がる程度
  3. スキルが上がらず、単価が上がりにくい

Webライターの場合は、WordPressを勉強したり、SEOライティングを勉強したりすると、スキルが身に付きます。

スキルが身につけば、単価が上がりやすいです。

データ入力はスキルが身に付かないので、ランサーズ初心者におすすめできません。

稼ぐ金額が少なくなりがちだから

データ入力は稼ぐ金額が少なくなりがちです。

その理由は、データ入力の案件は代わりがたくさんいるからで、どんな人でも対応できる案件は単価が安くなります。

  • 100人が対応できる:単価を低くしても応募がある
  • 数人しか対応できない:単価を高くしないと応募がこない

代わりが多い案件は、どうしても単価が少なくなります。

稼ぐ金額が増えず、疲弊してしまうのも、ランサーズのデータ入力をやらない方がいい理由です。

長期的に稼ぎ続けられない可能性が高いから

ランサーズのデータ入力は、長期的に稼ぎ続けられません。

データ入力作業を他の人に取って代わられるからです。

<代わりがいると>

  • 契約が途中で打ち切られる
  • 社員で対応される(外注がカット)
  • 単価の低い人に切り替え

データ入力案件は手軽にできてしまう分、単価がどうしても上がりにくいです。

副業で月3万円程度の収入を得たいなら、Webライターに挑戦するといいでしょう。

ランサーズ初心者がデータ入力をやるメリット

ランサーズ初心者がデータ入力をやるメリット

ランサーズ初心者がデータ入力をやるメリットは下記です。

  • 評価の数を増やせる
  • ランサーズの使い方に慣れる
  • パソコン操作が早くなる

おすすめはできませんが、メリットもありますので、チェックしてみてください!

評価の数を増やせる

評価の数を増やせるのがデータ入力をやるメリットです。

ランサーズのクラウドソーシングでは、一件ごとに評価されます。

高評価がたくさんもらえると仕事を受注しやすくなるので、少し有利です。

ただ、どのジャンルで受けた評価かによって、受注できる確率は変わります。

データ入力案件をたくさんこなしている人がWebライターや動画編集など他分野に応募して、採用されるほど甘くはありません。

ランサーズの使い方に慣れる

2つ目のメリットは、ランサーズの使い方に慣れる点です。

データ入力をたくさんすることで、ランサーズに触れる機会が増え、ランサーズの使い勝手が理解できます。

ランサーズにある「いい案件を素早く見つける能力」は身につくでしょう。

<ランサーズに慣れるメリット>

  1. ランサーズで素早く検索できる
  2. 応募にかかる時間が節約できる
  3. 稼ぎやすくなる

ランサーズに慣れて、応募までが早くなるのがメリットです。

パソコン操作が早くなる

3つ目のメリットは、パソコンの操作が早くなることです。

データ入力をずっとしていると「少しでも早く入力したい」という欲が湧くようになります。

その結果、パソコンを早く操作する方法を勉強して、スピードアップできます。

<パソコン操作が早くなると>

  1. データ入力が早くなる
  2. 早く作業が終わる
  3. 時給アップ

作業が早くなれば、時給がアップしますし、発注者からの評価も上がります。

だんだん作業が早くなるのも、パソコン操作が早くなるメリットです。

ランサーズ初心者がデータ入力以外で稼ぐ方法

ランサーズ初心者がデータ入力以外で稼ぐ方法

ランサーズ初心者がデータ入力以外で稼ぐ方法を紹介します。

  • Webライター
  • 動画編集
  • プログラミング

それぞれメリット・デメリットがありますので、順番に解説します。

Webライター

1つ目の方法は、Webライターです。

パソコンさえあれば稼げる副業で、初心者でも挑戦しやすいです。

メリットデメリット
初心者でも稼ぎやすい
パソコンのスペックが必要ない
練習期間は1ヶ月程度
やり方を間違えると稼げない

初めて副業に挑戦する人が始めやすいのがWebライターです。

データ入力ではスキルがそれほど身に付きませんが、Webライターは稼げるスキルが身に付きます。

最もおすすめする副業です。

動画編集

2つ目の方法は、動画編集です。

動画編集のスキルが必要になりますが、最近は案件が多く稼ぎやすい副業となっています。

メリットデメリット
案件がたくさんある
スキルが身につく
編集ソフトが有料
パソコンのスペックが必要(場合によっては、新しいパソコン)
勉強期間が長くなる

スキルが身につくので、長期的にはおすすめの副業です。

ただ、今持っているパソコンで始められない可能性があり、編集ソフトが必要になります。

初期費用や環境が整っている場合は、動画編集に挑戦してみてください。

プログラミング

3つ目の方法は、プログラミングです。

勉強期間が長くなりますが、専門的なスキルが身に付きます。

メリットデメリット
スキルが身につく
1件あたりの単価が高い
作業量に対して、単価が安すぎる案件もある
勉強期間が半年〜1年必要

プログラミングは良い案件の単価は高いですが、単価を安く設定している案件もあり、その見た目が難しいです。

また、勉強に半年から1年程度必要で、 稼ぎ始めるまでに時間がかかります。

時間をかけて、じっくりスキルを学びたい人におすすめなのがプログラミングです。

ランサーズ初心者が稼ぎやすいWebライターの始め方

ランサーズ初心者が稼ぎやすいWebライターの始め方

ランサーズ初心者が稼ぎやすいWebライターの始め方は下記です。

  1. WordPressで記事練習する
  2. 長文記事(3,000文字以上)を書くコツを知る
  3. 応募していい案件の条件を知る

こう見ると難しそうに思えますが、1ヶ月あれば、勉強期間は十分です。

多くの人はいきなり案件を受注し、「文字単価が異常に低い発注者」「態度の悪い発注者」の犠牲になり、Webライターを諦めてしまいます。

文字単価が低すぎる案件を受注してしまうと、人生の貴重な時間を失ってしまいます。

Webライターで稼ぐ手順は、下記記事で解説してますので、ぜひ参考にしてみてください。

稼ぐライターに早くなる手順はこちら

まとめ:ランサーズ初心者はデータ入力稼ぎやすいのはWebライター

まとめ:ランサーズ初心者はデータ入力稼ぎやすいのはWebライター

ランサーズ初心者は、データ入力で多少のお小遣い稼ぎができます。

ただ、データ入力だけでは時給がありませんし、最終的に断念してしまう可能性が高いです。

稼ぎやすいWebライター
  • 初心者はWebライターがおすすめ
  • だんだん時給を上げていくのが重要
  • データ入力は厳しい

SNSでの評判なども集めましたが、

もちろんWebライターやプログラミング・動画編集なども評判が悪い口コミはあります。

ただ、月3万円程度稼ぐなら、挑戦するべきはWebライターだと自負しています。

正しいやり方を知って、ランサーズで稼いでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
収入別Webライターの始め方
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次