無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

ランサーズで稼げない状態を初心者が脱出する5つの手順【始め方が全て】

ランサーズで稼げない状態を初心者が脱出する5つの手順【始め方が全て】

「ランサーズで稼げないのを脱出する方法はないの?」
「稼げない状態を初心者が脱出する手順を教えて」
「ランサーズは稼げないんですか?」

こんなお悩みを解決します。

ランサーズで稼げない状態を脱出する手順はあり、下記の手順を丁寧にやれば在宅で稼げるようになります。

  1. WordPressでブログを運営する
  2. 3,000文字〜5,000文字の記事を数本執筆する
  3. 応募案件の基準を知る
  4. クラウドワークスを並行して使う
  5. 応募案件数を多めにする

初心者の多くはいきなり案件を受けてしまうため、低単価な案件で疲弊してしまいます。

「急がば回れ」の精神で、1ヶ月ぐらいWordPressで修行すれば、一気に稼ぐ道が拓けます。

この記事では、ランサーズやクラウドワークスで稼げるまでの道をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

運営者たけのプロフィール
タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からブログとライター収入のフリーランス。
ライター業務100件以上です。

【収入別】ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

月50万円Webライターで稼ぐ方法

Webライター1ヶ月目で初報酬を稼ぐ方法(最速で初報酬を目指したい方へ)

\本気の人だけ募集します/

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
たけのクラウドワークスプロフィール(実績100件超)
その他、直接契約あり。
目次

ランサーズで稼げない人がやってしまう5つの失敗

ランサーズで稼げない人がやってしまう5つの失敗

ランサーズで稼げない人がやってしまう5つの失敗を紹介します。

  • 単価の低い案件にばかり応募してしまう
  • 応募詳細をよく読んでいない
  • 記事執筆練習していない(Webライター)
  • 落選落ち込みすぎてしまう
  • 稼ぐまでの手順を知らない

初心者によくある失敗なので、必ず避けるようにしましょう。

単価の低い案件ばかり応募してしまう

ランサーズで稼げない人がやってしまう失敗は、単価の低い案件ばかり応募してしまうことです。

稼げるかどうかは単価で決まってしまい、単価が低い案件を受けると月1万円稼げなくなってしまいます。

最初は自分に見合った案件を応募しようと思って、低単価案件を応募しようとしてしまうのが初心者ライターが一番やってはいけないやり方です。

<Webライターを挫折してしまうケース>

  1. 単価の低い案件ばかり応募
  2. 時給が驚くほど低い
  3. 思ったより簡単な案件じゃない
  4. Webライターを挫折
  5. 稼げないまま終わってしまう

単価の低い案件は、本当に避けた方がいいです。

文字単価1円前後を中心に、初心者の場合は0.5円以上から数件受けるのがおすすめです。

応募詳細をよく読んでいない

応募詳細をよく読まないのも失敗パターンです。

その理由は、応募詳細をよく読んでいないと、とんでもないことが起こるからです。

<応募詳細を読んでないと…>

  • 条件が厳しい案件に当たってしまう
  • 注意事項を読み飛ばして採用されない
  • テストライティングが低い案件を選んでしまう

応募詳細を読んでないと、落選の確率も高くなります。

マイナス面しかないので、応募詳細は確実に読んでおきましょう。

記事執筆の練習をしていない(Webライター)

記事執筆練習をせずに申し込むのが失敗の原因です。

その理由は、練習なくして採用されないからです。

練習せずに低単価案件に応募して、疲弊してしまうWebライターを多くみてきました。

<応募するのに必要なスキル>

  • WordPress操作
  • 一定のライティングスキル

一定のライティングスキルと聞くと苦労してしまいますが、1ヶ月ぐらい練習すれば稼げるようになります。

その練習をせず申し込んでしまうのが失敗につながります。

落選に落ち込みすぎてしまう

応募の落選に落ち込んでしまうのも、失敗の原因です。

その理由は、断られるのが当たり前だからで、最初のうちは落選が圧倒的に多いです。

おそらく90%ぐらいは落選する覚悟を持っておいた方がいいでしょう。

ただ、当選確率を上げる方法はあります。

採用率を上げる方法
  • WordPressでブログを運営する
  • 3,000文字以上の記事を書く
  • 文章には見出しをしっかりつける

WordPressで見出し構成がしっかりした文章を作れば、採用率は上がります。

稼いでいるブロガーの文章などを読んで、その文章に少しでも早く近づけるよう努力しましょう。

稼ぐまでの手順を知らない

稼ぐまでの手順を知らないのも、失敗につながります。

Webライターは手順がしっかりあり、その手順を踏んでいくだけで稼げるようになるからです。

おそらく、ほとんどの初心者がWordPressを触っていないかと思います。

ただ、現在のWebライターはWordPressが扱えないと稼げません。

稼ぐ手順さえ知っていれば、Webライターは稼げますので、ぜひ下記記事の手順で挑戦してみてくださいね!

稼ぐライターに早くなる手順はこちら

ランサーズで稼げない状態を初心者が脱出する5つの手順

ランサーズで稼げない状態を初心者が脱出する5つの手順

ランサーズで稼げない状態を初心者が脱出する5つの手順を紹介します。

  1. WordPressでブログを運営する
  2. 3,000文字〜5,000文字の記事を数本執筆する
  3. 応募案件の基準を知る
  4. クラウドワークスを並行して使う
  5. 応募案件数を多めにする

順番にやっていけば必ず稼げるようになるので、ぜひ参考にしてください。

WordPressでブログを運営する

ランサーズで稼ぎたいなら、WordPressは本当に重要です。

無料ブログやnoteでライティング練習をしている人がいますが、それでは採用率が上がりませんし、受けられる案件数も少ないです。

2020年ぐらいまでは無料ブログでも大丈夫でしたが、今はWordPressが必須です。

<WordPressを運営しないデメリット>

  • 自分のメディアを持てないと判断される
  • 納品した文章のポートフォリオは編集者の手が加わっていると疑われる
  • WordPressで運営している他の運営者がいた場合、落選する

WordPressでブログを運営するのは、文章を書く仕事で稼ぐ絶対条件です。

費用が月額1,000円前後かかりますが、WordPressが使えると使えない違いは大きすぎます。

稼ぐ難易度が大きく変わるので、Webライターで稼ぎたい人はWordPressの勉強を心の底からおすすめします。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

3,000文字〜5,000文字の記事を数本執筆する

WordPressを開設したら、3,000文字〜5,000文字の記事を数本執筆します。

ライティングの仕事は、3,000文字以上の記事を執筆するのが普通です。

5,000文字程度の文章を練習しておくことで、5,000文字以下の記事執筆が楽になります。

  1. 5,000文字を執筆する
  2. 3,000文字が楽に感じる
  3. Webライターで稼ぎやすくなる

Webライター案件は文字数が多い案件の方が簡単です。

初心者にとっては、「文字数が少ない方が稼ぎやすそう」と思うかもしれませんが、Webライターをある程度経験したら、文字数が多い案件が稼ぎやすいと気づきます。

早い段階で、長文記事を書いておくと、将来稼ぎやすくなります。

応募案件の基準を知る

応募案件の基準を知るのはとても重要です。

その理由は、応募案件次第で稼げる金額が大きく変わるからで、しっかり案件を見てから応募する必要があります。

応募案件を判断する基準
  • 文字単価
  • 発注者の評価
  • 応募内容の詳細

発注者の評価がいいか悪いか、発注率は何%あるかをしっかりチェックしましょう。

いろんな案件を見て、発注率や評価の相場を見定める基準を作るのが大事です。

クラウドワークスを並行して使う

クラウドワークスを並行して使うと、案件数が増えます。

個人的にはランサーズよりクラウドワークスを多く使っていますが、その理由はクラウドワークスの方が受けるべき案件を判断しやすいからです。

クラウドワークスの案件判断基準
  • 文字単価0.5円以上(早めに1円前後に移行)
    →テストライティングの文字単価0.5円以上
  • 評価4.5以上(4.8〜5が理想)
  • 過去の発注が10件以上
  • プロジェクト完了率80%以上(そこまで重視しなくていい)

    →特に、文字単価と評価が重要
    →状況が変われば、基準変更の可能性あり

ランサーズよりも発注者の評価が的確にできるので、クラウドワークスは初心者におすすめです。

クラウドワークスで稼ぐ手順を紹介している記事もあるので、参考にしてみてください。

応募案件数を多めにする

応募案件数を多めにするのが5つ目の手順です。

ほとんどの人が応募の量が足りないので、1回多すぎるぐらいの案件に応募するのがおすすめです。

ただ、応募する時に、応募文がコピペになってはいけません。

  1. 1日1件ペースで応募する
  2. 応募文は1件ずつ丁寧にする
  3. 多すぎると思うぐらい応募する

「納品が間に合わなかったらどうしよう」と思うぐらい応募するのが大切です。

1回無理をするぐらいじゃないと、稼げるようになりません。

WordPressでの執筆に慣れたら、応募案件数を多めにして、ライティング技術を磨きましょう。

ランサーズで初心者が最速で稼ぐために身につけたいテクニック

ランサーズで初心者が最速で稼ぐために身につけたいテクニック

ランサーズで初心者が最速で稼ぐために、身に付けたいテクニックは下記です。

  • WordPressで1時間1,000文字以上執筆するスピード
  • 応募詳細の見方を知る
  • 文字単価が高いジャンルをWordPressで執筆

知っておくと稼ぐまでのスピードが早くなるので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressで1時間1,000文字以上執筆するスピード

WordPressで1時間1,000文字以上執筆するスピードが大切です。

その理由は、Webライターは執筆スピードが時給に直結するからです。

<文字単価1円の場合>

  • 1時間1,000文字:時給1,000円
  • 1時間2,000文字:時給2,000円
  • 1時間3,000文字:時給3,000円

WordPressで素早く執筆できれば、大きく稼げます。

まずはWordPressで素早く執筆できるスキルを身につけましょう。

1週間〜2週間ほど集中的にやれば、操作方法は身に付きます。

応募詳細の見方を知る

2つ目のテクニックは、応募詳細の見方を知ることです。

効率よくいい応募案件を探せれば、稼ぎやすくなります。

応募案件の見方は次の順番です。

  1. 文字単価
  2. 発注者の評価
  3. 応募詳細

文字単価を最初に見てから、発注者の評価を見ます。

その後、応募詳細を見ることで、応募時間を削減できます。

応募詳細を見てから発注者の評価を見ると「応募詳細をしっかり読んだのに、発注者の評価が低かった…」なんてことになります。

効率よく応募案件を精査して、1件ずつ丁寧に応募しましょう。

応募案件の精査は早く。応募文の執筆はゆっくり慎重に。

文字単価が高いジャンルをWordPressで執筆

文字単価が高いジャンルをWordPressで執筆するのが3つ目のテクニックです。

Webライターで重要なのは、単価の高いジャンルの知識があるかどうかです。

  • 文字単価が高いジャンル
  • 募集案件が多いジャンル

この2つのジャンルを「勉強しながら、執筆していく」のがおすすめです。

稼げるジャンルを早めに掴んで勉強できる人は、在宅でかなり稼ぎやすくなります。

まとめ:ランサーズ初心者はいきなり案件に応募しない!少し勉強するだけで一気に稼げる

まとめ:ランサーズ初心者はいきなり案件に応募しない!少し勉強するだけで一気に稼げる

ランサーズ初心者がいきなり案件に応募すると、思った以上に稼げません。

スキルがないので、応募案件に通りませんし、低単価案件を山ほどこなすことになります。

文字単価0.1円の低単価案件をこなすぐらいなら、WordPressで練習をした方が将来の役に立ちます。

  1. WordPressでブログを運営する
  2. 3,000文字〜5,000文字の記事を数本執筆する
  3. 応募案件の基準を知る
  4. クラウドワークスを並行して使う
  5. 応募案件数を多めにする

ランサーズ初心者はいきなり案件に応募しないのがコツ。

まずはWordPressで執筆練習をしてから、ランサーズやクラウドワークスの案件に応募するのがおすすめです。

採用率や応募できる案件数が一気に増えるので、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
収入別Webライターの始め方
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次