無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

大学生向けWebライターの始め方!効率よく月5万円以上稼ぐやり方を解説

大学生向けWebライターの始め方!効率よく月5万円以上稼ぐやり方を解説

「大学生でもWebライターを始められるの?」
「ぶっちゃけ、どうやったら早く稼げるの?」
「やってはいけない始め方は?」

そんな疑問を解決します。

大学生がWebライターを始める時に気をつけるべきは、低単価な案件です。

最初を間違ってしまうと、あまり稼げないどころか、スキルが上がらない可能性もあります。

そこで、この記事では在宅フリーランスとして生活している私が大学生向けWebライターの始め方を紹介します。

やり方を知って勉強すれば、本業レベルで稼げるようになるので、ぜひ参考にしてください。

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

大学生向けWebライターの始め方【月5万円】

大学生向けWebライターの始め方【月5万円】

大学生向けWebライターの始め方は下記です。

  1. WordPressでブログを書く
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. SEOを意識した練習をする
  4. 執筆したいジャンルを練習する
  5. 月1万円頑張って稼ぐ
  6. Webライター講座に申し込む

この順番でライターを始めていきましょう。

WordPressでブログを書く

Webライターでまとまった金額を稼ごうと思うと、WordPressが必要です。

基本的に納品した記事はWordPressで公開されるため、そのWordPressの知識があるとないとでは今後に大きく影響します。

  • WordPressなし:文字単価1円未満の案件を受け続ける可能性が高い
  • WordPressあり:同じライティング能力でも、文字単価1.5円以上狙える

WordPressは難しそうに見えますが、Googleドキュメントの延長線上です。

ライター案件では、プラグインなどの難しい設定をいじることはないので、WordPressで記事が書ければOK!

月数万円〜数十万円を狙うためにも、WordPressでブログ記事を書きましょう。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業や個人が仕事を発注できる業務形態の一つです。

基本的には18歳以上の方であれば誰でも登録可能ですし、無料で利用できます。

代表的なクラウドソーシングは以下の2つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

ランサーズは2008年にできた日本初のクラウドソーシングのサイト。40万社以上の取引実績があるため、安心して利用できます。

一方、クラウドワークスは、ランサーズと並ぶ最大手のクラウドソーシングサイトです。仕事も200種類以上と豊富です。

どちらも仕事の種類が多いクラウドソーシングですが、最初は評価の数をより多く貯めるために、片方に集中して始めるのがおすすめです。

私の場合は、クラウドワークスを中心に、ライティング案件を受けていました。

SEOを意識した記事を練習する

SEOを意識した記事を練習しましょう。

Webライターは多くの記事でGoogle検索上位を狙っています。

検索上位はGoogleで検索した時に、上の方に出てくる記事のことです。

検索上位表示すると
  • クリックされやすくなる
  • アクセス数を獲得できる
  • 売上のつながる

検索上位を獲得する記事が書ければ、文字単価は上がります。

SEOを意識した記事は検索上位記事を研究するのが重要です。

「検索上位記事の研究」と「PREP法」でSEOの基本は勉強できます。

文章に関する参考記事:PREP法を例文付きで解説!メリット・デメリットと使い方を完全網羅

執筆したいジャンルを勉強する

Webライターとして稼ぐためには、執筆するジャンルに詳しいことが前提です。

クライアントさんに喜んでもらうために、高品質な記事を納品する必要があります。高品質な記事を納品するには執筆ジャンルに関する知識が確実に必要です。

継続案件を勝ち取るためにも、自分の執筆したいジャンルの勉強をして、知識を蓄えるといいでしょう。

具体的な勉強方法は以下の2つです。

  • 本で学ぶ
  • ブログやYouTubeなどネットで学ぶ

図書館で本を借りたりネットで勉強すれば、お金をかけずに学べます。

月1万円頑張って稼ぐ

Webライターとして最初の壁が、月に1万円稼ぐまでです。

大学生Webライターとして働き始める場合、知識や経験がない人もいるでしょう。

仕事を発注する側は実績のない人に仕事を任せにくいので、最初高単価の案件を受注できない場合があります。

よって、簡単なタスク案件や文字単価の低い案件を受注することになりますが、WordPressに記事があると応募が通りやすいです。

応募を通しやすくする意味でも、WordPressに記事を執筆しておきましょう。

Webライター講座に申し込む

Webライターとして稼げるようになったら、Webライター講座に申し込むのも1つの方法です。

自己投資することによって、さらに稼げるようになる可能性があります。

おすすめの講座は下記の通りです。

  • ライティングハックス
  • 超速ライターコンサル

この2つがあり、ライターで月10万円以上稼ぎたい場合はライティングハックスがおすすめです。

ライティングハックス

ライティングハックス
総合評価
( 5 )
メリット
  • 実績ある講師陣が多数在籍
  • 卒業後もコミュニティに在籍できる(とても重要)
  • 91本の動画視聴、LINE相談無制限、添削サービスあり
デメリット
  • 料金面
  • 無期限なので、短期集中できない可能性もある
  • 買い切り価格のみ

正直なところ、月10万円以上狙うなら、ライティングハックス一択です。

ライティングハックスは有名Webライター沖ケイタさんが運営するスクールで、6万9,800円と高額ながらも、コンテンツが優れています。

「会社辞めたい」「パート以上の収入を得たい」方が本気でライティングを学べる講座です。

\ライター独立を目指す人はここ一択/

超速ライター養成コンサル

超速ライター養成コンサル
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • マンツーマンで直接指導が受けられる
  • 他のライタースクールより費用が安め
  • 稼げなかった場合、条件付きで全額返金保証
デメリット
  • 本業レベルで稼ぐ場合はライティングハックスがおすすめ
  • 本気度の高い人しか受け入れていない
  • サポート期間が3ヶ月に限定されている

超速ライター養成コンサルは私が運営しているライターコンサルです。

少しでも多くのライターさんの役に立ちたいという思いから、3ヶ月で収益化を目指します。

  • 月に4回、ZOOMでマンツーマン相談
  • 限定コンテンツ視聴

副業レベルや月数万円レベルを短期間で目指すプログラムです。

3ヶ月間必死にやって、「家でも稼げる!」という実感を得ていただくプログラムになっています。

本業レベルを目指したい人はライティングハックス、数万円の収入を短期間で目指したい方は超速ライターコンサルがおすすめです。

\3ヶ月間で初報酬を得るコンサル/

大学生がWebライターを始める時にやってはいけないこと

大学生がWebライターを始める時にやってはいけないこと

大学生がWebライターを始める時にやってはいけないことは下記です。

  • WordPressで記事練習しない
  • 時間を確保しないで講座を受ける
  • 単価の安い案件に応募しすぎる

順番に見ていきましょう。

WordPressで記事練習しない

WordPressを立ち上げて執筆を練習しないと、Webライターとしてなかなか稼げるようになりません。

WordPressを操作できないと、Webライターの案件に通りにくいためです。

WordPressとは、Webサイトやブログなどを作れるソフトウェアです。
完全初心者でも、比較的カンタンにブログを立ち上げられるのが特徴になっています。

メリットは以下の通りです。

  • 文字単価の高い案件に通りやすくなる
  • ブログで稼げる可能性がある
  • 他のWebライターとの差別化になる

初期費用として1万円から1万5千円くらいかかるものの、必要経費と割り切ってみてはどうでしょう

早くたくさん稼げるようになるので、長い目で見るとお得です。

時間を確保しないで、講座を受ける

時間を確保しないで講座を受けると、時間の無駄になります。

Webライター講座を受講するのは、月に1万円以上稼いだあとでも遅くはありません。

大学生の間は、いろいろなことにお金が必要になるケースが多いでしょう。

稼いだお金を自己投資として講座に使うことで、生活に困ることはありません。

それに、月に1万円稼げるようになってから受講した方が、より内容を理解できるでしょう。

私の講座は大学生の人も受講しやすいように価格を設定しています。

ぜひ、無料の体験講座を受講してみてくださいね。

単価の安い案件に応募しすぎる

仕事を受注できないからと言って、単価の安い案件にばかり応募するのはやめましょう。

目先のお小遣い稼ぎにはなりますが実績として積みあがらず、収入が上がらないためです。

単価が安い案件の場合、作業にかけた時間の割にもらえる金額が低くなりがちです。

時給換算すると、バイト以下の収入が続く場合もあるでしょう。

よってある程度経験を積んだら、単価の高い案件にも挑戦するといいでしょう。

大学生でWebライターを始めるメリット

大学生でWebライターを始めるメリット

大学生でWebライターを始めるメリットは下記です。

  • 在宅で稼ぐ技術が得られる
  • 社会で役立つ
  • 希望の就職先が見つかりやすい
  • 人間関係で揉めるケースが多い
  • 将来本業レベルの収入が狙える

メリットを順番に確認していきましょう。

在宅で稼ぐ技術が得られる

Webライターとして働ければ、在宅で稼げるようになります。

ネット環境とパソコンがあれば、どこでも働けるためです。

アルバイトする場合、勤務先まで歩いたり交通機関を利用して移動しなくてはなりません。

しかしWebライターなら、自宅で1日中こもって作業することも可能です。

アルバイトしたくない人や、一人で黙々と作業したい人に向いています。

社会で役立つ

Webライターとして働いた経験は、必ず社会でも役に立ちます。

Webライターとして働くと、社会人としての基本が自然に身につくからです。

  • コミュニケーションスキル
  • スケジュール管理スキル
  • パソコンスキル
  • セールスライティングスキル
  • ビジネスマナー

上記スキルは、どの業種で働くにしても重宝される場合が多いでしょう。

特に、相手にわかりやすく説明するコミュニケーションスキル、パソコンスキルは一生ものです。

希望の就職先が見つかりやすい

Webライターとして働けば、希望の就職先が見つかりやすいでしょう。

優秀な人材として、企業の人事担当者に認めてもらいやすいからです。

Webライターとして以下の実績を作れます。

  • クラウドワークス上で仕事の提案
  • クライアントとのビジネスコミュニケーション
  • 仕事のスケジューリング

多くの大学生がアルバイトでお金を稼ぐ中、自分一人の力で仕事をもらいお金を稼いだ経験は人とは違う経験です。

自信を持ってアピールできるでしょう。

人間関係で揉めるケースが少ない

Webライターとして働けば、人間関係で揉めて消耗するケースが少ないです。

基本的にクライアントとは、メールなど文章だけのやりとりであるためです。

アルバイトをしたいけど、人間関係が苦手でなかなか一歩を踏み切れない人もいるでしょう。

Webライターの仕事でも、人間関係のトラブルが全くないわけではありません。

もしおかしいクライアントだと思った場合、今後付き合わないようにすればいいので気がラクです。

将来本業レベルの収入が狙える

Webライターとして稼げるようになってくると、将来的に本業レベルの収入が見込めます。

Webライターに年齢や職歴は関係なく、完全に実力主義の世界であるためです。

アルバイトや社員として働く場合、給料をあげるにはある程度の期間や実力が必要になります。

しかしWebライターの場合、納品物に対して報酬が支払われる仕組みです。

よって、同じ時間でもたくさん納品すれば収入は上がりますし、経験とともに一気に単価アップがしやすいのも特徴です。

大学生がWebライターで稼げる金額〜始め方次第で月10万円以上も〜

大学生がWebライターで稼げる金額〜始め方次第で月10万円以上も〜

大学生がWebライターとして、月に10万円以上稼ぐことは可能です。

始め方を工夫すれば、短期間でスキルアップできるためです。

Webライターとして稼ぐためには以下の方法があります。

  • 高単価の案件を受注
  • 継続案件を受注

つまり、なるべく高単価のお仕事をコンスタントにやり続けるのがポイントです。

ただし、注意点が下記の2点あります。

  • WordPressを開設し、執筆を練習する
  • 安価で疲弊する案件を受けない

高単価の案件を受注しやすくするには、WordPressのスキルが必須です。

もしやり方がわからない場合、私に連絡していただければサポートします。

また単価の安い案件は稼ぎづらいため、徐々に高単価の案件へシフトするといいでしょう。

まとめ:大学生向けWebライターの始め方は順番が大事【未来が変わる】

まとめ:大学生向けWebライターの始め方は順番が大事【未来が変わる】

大学生でもWebライターは始められます。

在宅で稼げるスキルが身につくと将来が変わるので、早めの挑戦が本当におすすめです。

最後に稼ぐために大事なことをもう一度振り返りましょう。

Webライターで稼ぐ時の大事なこと
  • WordPressでブログを書く
  • 執筆ジャンルを勉強する
  • 講座(スクール)を受けるなら、まず時間を作る

Webライターは年齢関係なく稼げる収入で、大学生でも本業レベルで稼げる可能性があります。

在宅で稼げるようになると、移動時間も必要なくなりますし、将来の就職面でも楽です。

フリーランスとして働くこともできるようになるので、ぜひWebライターにチャレンジしてみてくださいね。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次