無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

Webライター向けブログの始め方完全解説【最短で稼ぐ】

WEBライター向けブログの始め方完全解説【最短で稼ぐ】

Webライター向けのブログの始め方は普通のやり方とは違います。

ライター収入を上げるためのブログで大事なのは次の3つです。

  • WordPressで始める
  • 営業用記事を意識する
  • ライター応募用とブログ収益化用ブログとはやり方が違う

重要なのは一般的なブログの稼ぎ方とは違うやり方で始めないといけないこと。

特化型ブログのようなジャンルを絞りすぎたブログを運営した場合、ライターで稼ぐ妨げになる可能性があります。

ライター向けのブログとはどんなものなのかを中心に、ブログの始め方を解説します。

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

Webライター向けのブログの始め方〜ブロガーとは違う〜

ブログで稼ぐ場合とライターで案件を受けるためのブログの作り方は違います。

ライターとして稼ぐなら、ライター向けのブログを作る必要があります。

ライター向けのブログは稼げるジャンル中心の雑記

ライターでいい案件を取るには提案文でのアピールが必要です。

アピールする項目は次の3つ。

  • PV数
  • どんな記事を書いたか?
  • ブログ運営歴

運営歴が長ければ長いほど有利なので、ブログをいち早く作るのは絶対条件です。

そして、執筆ジャンルはライターで稼ぎやすいジャンルを中心にした雑記ブログにします。

ブログだけで稼ぐには特化型のブログがいいですが、ライターで稼ぐにはある程度幅広いジャンルを網羅しておかないといけません。

また、PV数を考えても、記事数が多い方がPV数を盛れます。

3つぐらいの高単価ジャンルで構成されたブログを作るのが最も効率的です。

ライター用のブログを作る。ブログだけで稼ぐ場合はもう1つ特化ブログを作るのがおすすめ。

クラウドワークス高単価ジャンルの記事を執筆

クラウドワークスの高単価ジャンルは下記です。

  • クレジットカード
  • ポイントサイト
  • 投資(株・仮想通貨・FX)
  • VOD
  • 脱毛
  • 電話占い
  • 恋愛・出会い系

これらのジャンルの中から、3つ選びます。

ただ、上記の中でも理解するまでに時間が掛かるジャンルがあり、投資ジャンルは半年〜1年ぐらい勉強しないと理解できません。

なので、手っ取り早く勉強できるジャンルと時間が掛かるジャンルを融合します。

おすすめの執筆手順
  1. ポイントサイト関連の記事を書く(モッピーポイントタウン
    →サクッと登録して、実際にポイントを稼いで記事を書く
  2. 女性の場合は電話占い系記事を書く
  3. その他の高単価ジャンル「好きな高単価ジャンルでOK)とVOD系を並行して、記事を書く
    →VODの方が早く理解できる

この手順で書くと比較的早く高単価ジャンルを執筆できます。

Webライター用ブログの具体的な作り方

ここからは具体的なブログの作り方を紹介します。

契約方法や設定方法は下記記事にあるので、下記記事と一緒に確認していただければ幸いです。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

サーバー契約

まずサーバーを契約しますが、運営に適したサーバーはエックスサーバーです。

ライターで案件を獲得するのが目的なので、サーバー面に使う時間は削りたいところ。

  • サポート面
  • 問い合わせ対応
  • サーバーの有名度

これらの要素を組み合わせると、エックスサーバーがおすすめです。

いろんなサーバーがありますが、サーバー設定は初心者に難しいものですし、何よりライター案件に直接活かせる知識ではありません。

できるだけ時間を節約したいので、よくわからないサーバーの契約は避けましょう。

格安サーバーもありますが、WordPress環境を構築できなかったり、トラブルが多発するケースがあります。

WordPressテーマはCocoonかSWELL

WordPressはCocoonかSWELLにしましょう。

  • Cocoon:無料で使える。設定する箇所が多いので、その点がデメリット
  • SWELL:有料なのがデメリット。設定する箇所が少なく、記事執筆も簡単。時短になる。

SWELLは記事執筆に集中できるテーマで、他の設定作業が少なく済みます。

値段は1万7,000円台ですが、早くWordPressを勉強するには最適です。

Cocoonは無料で費用面ではおすすめですが、やや設定に時間が取られます。

SWELLやCocoon以外のテーマもありますが、記事執筆の時短を考えると有料テーマの中ではSWELLが一番なので、それ以外の有料テーマは必要ありません。

無料ならCocoon、有料ならSWELLにしましょう。

応募時の営業用記事を意識する

ブログで書いた記事は応募時に発注者にアピールします。

クラウドワークスの場合は応募文に貼り付けてアピールできるので、採用してもらえるような記事を執筆しましょう。

採用してもらいやすい記事は下記です。

採用してもらえる記事
  • 5,000文字以上の記事
  • 見出しや箇条書き、テーブル、画像挿入など基本的な機能が使えている記事
  • 知識の深さがアピールできている記事

「私はこんな機能が使えて、案件に対する知識があります!」ということを記事を通じてアピールします。

発注者が期待することを頭に入れて、記事を書くようにしましょう。

問い合わせフォームを必ず設置する

ライターを始める上で、問い合わせフォームは必須です。

ブログ経由で申し込みが来る可能性があります。

チャンスはどこからやってくるかわかりません。

しっかりチャンスを拾うためにも、問い合わせフォームは必ず設置しておきましょう。

WebライターがWordPressブログを始める5つのメリット

WebライターがWordPressを始めるメリットはたくさんあります。

  • 応募できる案件が増える
  • ブログでも稼げるようになる
  • 低単価案件で苦しまなくなる
  • 検索上位を取れる
  • 詳細なプロフィールを掲載できる

正直、デメリットは1つもありません!

応募できる案件が増える

WordPress直接入稿の案件に応募できるようになるので、対応できる案件が増えます。

基本的にWordPress入稿案件は高単価で、単価が安いエンタメ系案件でも文字単価1円以上の案件が多いです。

ライターで難しいのがどう仕事を確保するかですが、WordPressの経験があるとその問題も一気に解決します。

ライターで稼ぐにはWordPressが必須

今はこんなことが言われるようになりましたが、100%同意です。

WordPressはライターで稼ぐための武器!

RPGで勇者だけが使える剣のようなものです。

強い武器は装備しておいた方がいいので、ぜひWordPressという強い装備を身につけましょう。

ブログでも稼げるようになる

ブログでも収益化できるようになると、自由な時間が圧倒的に増えます。

ライターとは違い、ブログはストック型の収入源です。

ブログとライターの違いを表にまとめました。

ブログ成果報酬型
ストック収入になる
納期がない
稼働してない時間に収入が発生
寝てる時間、旅行に行ってる時間でも収入が発生するようになる
ライター成果報酬型
労働収入型
納期がある
稼働してないと収入が発生しない
寝てる時間や旅行に行ってる時間に収入が発生することはない

ライターはよくも悪くもアルバイトの延長線上みたいなところがあり、労働している時間が収入に変わるものです。

ブログは収入が発生するようになると、定期的にポツポツ収入が発生するようになるので、不労所得に近い形になります。

完全な不労所得ではありませんが、昔作ったブログが収入を発生させてくれるので、とてもありがたいです。

ブログで稼げるようになると時間的な自由が多くなるので、時間のゆとりを持ちたい方はブログでも収益化を目指しましょう。

低単価案件で苦しまなくなる

ライターでうまくいかない1番の原因は低単価案件を受けすぎてしまうことです。

1時間に書ける文字数が2,000文字だとしても、文字単価0.3円なら時給700円ちょっと。

初心者の方は1時間に1,000〜1,500文字程度書くのがやっとですから、時給500円以下もあり得ます。

ライターが嫌になってしまう人のパターン
  1. 簡単そうな低単価案件を受けてしまう
  2. 思った以上に内容が厳しい
  3. 時給換算すると500円以下
  4. ライターの効率の悪さを実感する
  5. ライターが嫌になる

低単価案件を早く脱出することがライターで稼ぐ秘訣です。

目先の収入は低単価案件を受けた方が上がりますが、それを続けると時給500円以下の生活が永遠に続きます。

WordPressを使って、高単価案件の獲得を目指しましょう。

検索上位を取れる(SEOの勉強)

検索上位を取れれば、大きなアピール材料です。

ライターで納品する文章は最終的に検索上位を狙っています。

検索上位経験があるライターとないライターでは「検索上位経験があるライター」に頼みたくなるのは当たり前です。

  • 検索上位経験あり:ライティング技術が担保される
  • 検索上位経験なし:採用はされるが、競争率が激しい案件では苦戦

検索上位は簡単に取れるものではありませんし、ある程度の勉強が必要です。

しかし、1回検索上位を取ってしまえばコツが掴めて、その後も検索上位を獲得できます。

無料ブログではこの経験がなかなか積めないので、WordPressでブログを開設するメリットは大きいです。

詳細なプロフィールを掲載できる

詳細なプロフィールを掲載できるのもブログの強みです。

クラウドワークスやランサーズでもプロフィールは掲載できますが、文字数が限られていたり、長々と書きすぎると印象がも良くないといったデメリットがあります。

しかし、ブログの場合は制限がありません。

ブログでアピールできること
  • 過去の経歴
  • 自分の価値観
  • ライティング経験の詳細
  • 動画も掲載できる

自分の伝えたいメッセージをブログでは伝えられます。

より深く自分をアピールするためにも、WordPressブログを運営しましょう。

まとめ:Webライター向けブログの始め方!メリットしかないから必ずやる!

Webライター向けのブログの始め方は下記です。

ブログの始め方
  • WordPressで始める
  • WordPressテーマはCocoonかSWELL
  • 応募時の営業になるような記事作りが大切

月額1,000円ほどの費用が必要ですが、ライターで稼ぐには必須のスキルです。

最初は難しいと思うかもしれませんが、1ヶ月ぐらい作業すれば、WordPressにも慣れてきます。

正直な話、低単価案件を続ければ続けるほどライターは嫌になります。

早く低単価から抜け出すためにも、WordPressブログを始めましょう!(ほんとに人生変わります)

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次