無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

Webライターで月1万円はしんどい?稼ぐまでの最短ルートを公開

WEBライターで月1万円はしんどい?稼ぐまでの最短ルートを公開

「Webライターで月1万円どうやって稼げばいいのかわからないし、しんどいかどうかも知りたい」と悩んでいるあなたが知っておきたいことをこの記事ではまとめました。

月1万円稼ぐにはやり方が重要で、やり方次第ではとてつもなく苦労します。

Webライターで月1万円はやり方さえ間違えなければ、誰でも達成可能です。

ただ、残念なことに多くの人がそのやり方で始めていません。

  • いきなりライター案件に応募する
  • 同じような文章で大量に応募する
  • 簡単そうな案件に応募して、お小遣い稼ぎする

これらは全て間違いです。

では、具体的にライターで月1万円稼ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事では月1万円までの具体的な手順とライターに挑戦する時の注意点を初心者の方向けにまとめました。

稼ぐには外せない情報を詰め込んでますので、ぜひ最後までお読みください。

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

Webライターで月1万円までの考え方〜副業の常識とは?〜

Webライターで月1万円稼ぐために重要なことは下記です。

  • 正しいやり方と手順が全て
  • アルバイトと副業は考え方が違う
  • 稼いでいる人のやり方を早く取り入れる

とても大事なことなので、絶対に押さえておきましょう。

正しいやり方と手順が全て

アルバイトや会社員は上司が仕事を教えてくれますが、Webライターは自分でやり方を調べないといけません。

答えを自分で探さないといけないのが「副業が難しい」と言われる理由です。

  • コンビニのレジ打ち:先輩がついて教えてくれる
  • 正社員:最初に研修期間がある
  • ライターなどの副業:Googleなどでやり方を見つける必要がある(スクールも手段)

最初のうちは正しい手順で勉強しないと、成果が出ません。

ただ、正しい情報を見つけるのはそう簡単ではありませんよね。

そんな進むべき道がわからないあなたへ向けて、当サイトではライターの始め方と稼ぐコツを発信しています。

他では聞けないような「ライター案件の実態」や「記事を早く書く方法」「稼ぐコツを紹介してますので、いろんな記事を読んでいただけると幸いです。

アルバイトと副業は考え方が違う

アルバイトと副業は考え方が違います。

  • アルバイト:最初の1万円を稼ぐのは楽。月収の限界がある
  • 副業:時間で稼げない。作業スピードと内容で時給は上がる。

副業はスキルさえあればかなり楽に稼げますが、スキルを身につけるまでが大変です。

一方、アルバイトはスキルがなくても稼げますが、スキルが身についた後もそれほど稼げません。

仕事ができるがゆえに、「いろんな仕事をお願いされてめんどくさい…」と思ったことが一度はあるんじゃないでしょうか?

副業はスキルを身につけて、楽に稼げるようになってからが楽しいです。

将来のラクを手に入れるために、今を頑張りましょう!

稼いでいる人のやり方を早く取り入れる

稼いでいる人の考え方が受け入れられないと後で後悔します。

吸収してしまう方が圧倒的にラクです。

私自身、稼いでいる人の考え方が理解できない時もありました。

稼げなかった時代
  • 自己流でやろうとしてしまった
  • 成功者がやっていることを間に受けていなかった
  • 自分には無理だと勝手に諦めていた

ライターで一番よくある失敗例は「低単価案件をたくさん受けてしまう」です。

文字単価0.1円の案件は簡単そうに見えますが、時間を失うだけになります。

稼ぐなら0.5円から1円程度の案件で実績を作り、安定して文字単価1円前後以上の案件を受けないといけません。

稼いでいる人の考え方に触れて、自分を変えていきましょう!

稼いでいる人の意見はやっぱり正しい。少しずつ考え方とやり方を変えていこう!

Webライターが月1万円稼ぐまでの道のり

Webライターで月1万円を稼ぐ道のりをまとめました。

大事なのは最初に「WordPress」「Googleドキュメント」で、1時間1500文字以上書けるようにしておくことです。

案件をこなすのがラクになるので、先にスキル習得を目指しましょう。

WordPressで記事執筆の練習をする(数週間〜1ヶ月)

WordPressで記事執筆の練習をするのが第一歩です。

この段階を飛ばしてしまうと低単価で仕事を続けてしまい、時給100円以下のライターになるケースもあります。

ライターで稼ぎたいなら、WordPressを意地でもやりましょう。

【WordPressを使ったスキルアップ手順】

  1. 1週間で記事装飾をマスターする
  2. ライティングの基本を勉強する
  3. 5000文字以上の記事を最低3記事は執筆する(長文に慣れる)

応募する時の参考資料になるような渾身の記事を作っておくのもポイントです。

GoogleドキュメントかWordPressで実際に記事を書いておけば、応募する時に「こんな記事を書いてます」とアピールできます。

実際にどんな文章を書いているのかが一番知りたいことなので、WordPressに良記事を書いてアピールしましょう。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)

Googleドキュメントを練習する(1日)

Goolgeドキュメントの操作も練習する必要があります。

WordPressより簡単なので、練習期間は1日でOKです。

最初に難しいWordPressから練習することで、Googleドキュメントの操作がかなり楽になります。

そこまでしっかり練習できなくても、基本的な機能を押さえておけばOK。

実際に案件をこなす時に細部を理解していきましょう。

ライター案件に応募する

WordPressとGoogleドキュメントの練習が終了したら、案件に応募します。

応募する時に大事なことは下記です。

提案文で重要なこと
  • 記事の見本を作っておく
  • 応募詳細をくまなく読む(重要)
    →見逃しがないようにする
  • 依頼者が求めていそうなことをまとめて、応募文でその要望に答える

依頼者が何を優先して、どんな文章を求めているのか把握しましょう。

仮に「月に5本執筆」「長期的に依頼できる方」という記載があれば、「月に何本納品できるか」「どれくらいの期間対応できるか」を記載します。

スピードが求められているのか、知識が求められているのか、質が求められているのかは依頼者によって違います。

依頼者が求めていることを最優先に考えて、求められていることに対する答えを120%の気持ちで書きましょう。

最初のうちは集中して作業する

副業はで空き時間に作業してしまうケースが多いですが、最初は猛スピードで作業するのが大事です。

  1. 猛スピードで作業する
    →空き時間は副業に全て注ぐ
  2. 慣れてきたらだんだん作業ペースを緩める
  3. 負担なく稼げるようになる

最初をゆるくしてしまうと操作方法が覚えられず、記事を書く前の段階で苦労してしまいます。

一気に作業して、まずは覚えるべきことを覚えましょう。

猛スピードで作業して、WordPressの操作やGoogleドキュメントの操作を一気に覚えてから、案件をこなしていきます。

副業はスタートダッシュが命です!

継続案件で安定して稼ぐ

単価3,000円程度の継続案件が受けられると、かなり簡単に月1万円稼げます。

そこまではライター案件の依頼をどんどんこなしていき、スキルをつけていきましょう。

継続案件が見つかったら、その案件にまずは集中します。

作業の優先度
  1. WordPressでの記事執筆スピードアップ
  2. 継続案件
  3. 単発案件

継続案件が決まった場合、慣れるまでは継続案件に集中しましょう。

記事の質を高めて、継続的に依頼してもらえるよう努力します。

そして、継続案件を難なくこなせるようになったら、新しい案件に応募しましょう。

具体的なライターの始め方は下記記事にありますので、必ず1回は目を通してくださいね!

Webライターで月1万円稼ぐ時の注意点〜無視すると疲弊します〜

ライターで月1万円稼ぐ際の注意点は下記です。

  • 低単価案件にいきなり応募しない
  • 合わない案件を無理しない
  • 応募に落ちるのを気にしすぎない

順番に解説しますので、一緒に理解を深めていきましょう!

低単価案件にいきなり応募しない

タイピングスピードも遅く、WordPressでの記事執筆でひと苦労している方はスピードアップを優先しましょう。

スピードが遅いと依頼者に迷惑が掛かりますし、時間単価も下がってしまいます。

1時間で1,500文字程度タイピングできるようにしてから、応募するようにしましょう。

ちなみに、タイピングを早くするツールとして寿司打があります。

タイピングスピードアップゲーム寿司打の始め方
  1. 寿司打をクリック
  2. 「寿司打をPlay」→「スタート」をクリック
  3. 普通を選択
  4. 初級から順番にやる
  5. お手軽から挑戦
  6. お勧めを打てるぐらいまで練習(1時間に2,000文字ぐらい打てるようになります)

→できるまで、毎日5分でもやろう!!

合わない案件を無理しない

ライターをやっていると合う案件と合わない案件がどうしても出てきます。

【合わない案件例】

  • 執筆に時間が掛かる案件
  • 作業がうまく進まない案件
  • やりとりに疑問がある案件

このような案件を無理して続ける必要はなく、いろんな案件をこなしながら、まずは自分が得意な案件を探しましょう。

クラウドワークスやランサーズにはたくさん案件があります。

最初のうちは全ての案件が難しく感じますが、だんだん優先順位が付けられるようになりますよ。

応募に落ちるのを気にしすぎない

初心者の方は応募に落ちるのが当たり前で、仕方がありません。

実績がない人に受注するのは勇気がいることなので、気にせず応募し続けることが大事です。

あまりにも当選しない場合は下記の対処法があります。

あまりにも当選しない時の対処法
  • 応募時に提示する記事内容を見直してみる
  • アピールできる実績がないか探してみる
  • 単価が少し低い案件に応募してみる

コピペの延長のような応募文を避けて、依頼者の要望を汲み取ったものにすれば、反応は変わってきます。

改善は必要ですが、落ち込む必要はありません。

他の応募者で優秀な人がいたら、その人が採用されるのは当たり前です。

1件1件丁寧に応募を続けていくようにしましょう。

Webライターで月1万円稼ぐ第一歩はWordPressの練習から

ライターを挫折してしまう方はいきなりライターに応募して「時間の割には稼げない…」と感じてしまいます。

最初にやらないといけないのはWordPressで記事を早く執筆することです。

この段階を飛ばしてしまうと、ライターで相当苦戦してしまうでしょう。

ライターの進め方
  1. WordPressで記事執筆スピードアップ
    →タイピングゲーム寿司打も活用
  2. Googleドキュメントでも執筆
  3. 1時間に1500文字は入力できるようになってから、申し込み

スピードが遅い状態で案件を受けると、間違いなく納期に追われます。

そして、時間に追われて、ライターが嫌になります。

ライターに挑戦する際にまずやるべきことはWordPressの練習です。

WordPressの開設方法やライターの始め方は下記記事にありますので、ぜひ参考にしてください。

WordPressブログの始め方(私が運営する別ブログの記事です)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次