無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

Webライター文字単価2円には何が必要か?単価アップのコツを詳細解説

WEBライター文字単価2円には何が必要か?単価アップのコツを詳細解説

「Webライター文字単価0.5円は辛い・・・文字単価2円にしたいわ〜」と単価がなかなか上がらず、お悩みではありませんか?

文字単価が全然上がらないのは相当辛いですよね。私も最初は低い文字単価で疲弊していました。

でも、文字単価はテクニックと知識で大きく上がります。そのテクニックと知識を知った上で行動するのか、知らずに行動するのかでは大きく結果が違ってくるんです。

この記事では、Webライターで、文字単価を2円にするまでに必要なコツを徹底的に解説します。

文字単価が低くて悩んでいるあなたに向けて、真剣に書きましたので、コツを吸収して文字単価をアップさせてください!

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

Webライター文字単価2円を達成するのに必要なスキル・知識

Webライター文字単価2円を達成するのに必要なスキル・知識

Webライターで文字単価2円を達成するのに必要なスキルは次の3つです。

  • WordPress入稿のスキル
  • 応募ジャンルの知識
  • 魅力的な応募文を作るスキル

この3つが必要です。

WordPress入稿のスキル

文字単価2円の案件でもGoogleドキュメント入稿の案件はありますが、応募時のライバルはWordPressが扱える人が多いです。

  1. ライバルのポートフォリオはWordPress
  2. 自分だけGoogleドキュメント
  3. 落選する

文字単価2円の案件を受注する場合、ライバルのライターはWordPressを扱えると思っておきましょう。その中で、WordPressが扱えないとなると落選する可能性が高いです。

WordPressはサーバー契約が必要ですが、月々1,000円ほどでできますし、記事執筆自体はGoogleドキュメントの延長線上のようなものです。

1ヶ月程度勉強すれば、操作できるようになるので、文字単価を上げたい方はWordPressのスキルを身につけましょう。

応募ジャンルの深い知識

文字単価2円に応募するには、応募ジャンルの深い知識が必要になります。

仮に、投資に詳しいライターを募集している場合、つみたてNISAだけをやっている人より個別株やFXもやっている人の方が採用されやすいです。

応募者の例
  • つみたてNISAのみ経験(1年)
  • つみたてNISAとiDeCo・個別株取引を経験(1年)
  • つみたてNISA・iDeCo・個別株・仮想通貨・FXを経験(1年)

とあった場合、採用されるのは一番下の人になります。なので、応募する時の文章に書ける実績や知識を多くするのが採用件数を多くするコツです。

「このジャンルに詳しいんだ!」というのをアピールしておくと、採用率がグッと高まります。応募の基準はライティング力だけではありません。

応募ジャンルの知識を深めることも、ライターとして成功するための1つの手段です。

魅力的な応募文を作るスキル

採用されるかどうかは応募文に全てがかかっています。

WordPressの知識も応募ジャンルに対する知識も、全て応募文を魅力するために学ぶと言っても過言ではありません。応募する人によって、応募文は結構差が出ます。

魅力的な応募文とは?
  • 応募詳細をきちんと読んでいるか?
  • ジャンルに詳しいことをアピールできているか?
  • 発注者を助ける意思が伝わっているか?

応募文を見る時間は10秒ぐらいで、外注する側から見れば、ほんの数秒見ればある程度は判断できます。ほとんどの人は数秒で落選してしまうわけです。

そうならないためにも、応募文は練りに練る必要があります。コピペのような応募文は一瞬でバレますし、そのような応募文では文字単価は上げられません。

応募文の書き方に関しては、参考記事があるので、そちらの記事をぜひ参考にしてください。

Webライター文字単価2円に重要な「応募」の攻略方法

Webライター文字単価2円に重要な「応募」の攻略方法

文字単価を上げるには採用されないといけません。

  • WordPressの記事を実績として出す
  • 相手が欲しがっている知識を惜しまず応募文に書く
  • 応募詳細から相手の求めることを120%理解する

この3つを意識して、採用されるライターになりましょう。

WordPressの記事を実績として出す

WordPressを自分で運営して、そこに良質な記事を書くことで、採用の確率はグッと上がります。

いい記事であれば、5記事〜10記事程度あれば問題ありません。

応募する時のアピール記事は1記事〜3記事程度です。複数ジャンル記事をアップしておき、案件に応じてアピールする記事を選ぶといいでしょう。

WordPressに執筆する記事
  • 複数ジャンルの記事を書く(ポイント系、美容系、投資系など、最低2ジャンル)
  • 案件に応じて、アピール記事を選ぶ(金融系案件には金融系記事など)

WordPressの記事がいい記事なら、かなりの確率で採用されます。

記事を何回もリライトして、良質な記事を作り上げましょう。案件次第では、WordPressにいい記事があるだけで、即採用になるケースもあります。

相手が欲しがっている知識を惜しまず応募文に書く

まず考えなければいけないことは、相手が欲しがっている知識がどんな知識なのかという点です。

応募文や応募詳細から相手が求めていることを読み解きましょう。そして、相手が欲しがっている知識を惜しまず書きます。

投資経験がある人を募集している場合は、実績をできるだけ多く書きましょう。

実績の書き方(具体的に)
  • 投資経験者を募集している場合:株取引◯年、年間取引額◯万円、過去の取引銘柄
  • 美容・化粧品に詳しい人を募集している場合:〇〇という商品を愛用。5商品の開発に携わる。美容系記事を過去に10記事執筆など。

書ける限り詳しく書きます。「株の経験があります」「美容系メーカーに勤務経験があります」だけしか書かない方がいますが、とてももったいないです。

「株経験があります」や「勤務経験があります」は嘘でも書けてしまいますよね。経験した人じゃないとわからないことをどんどん盛り込んでいきましょう。

自分が詳しいというのをアピールすればするほど優位に立てます。

応募詳細から相手の求めることを120%理解する

応募詳細から相手が求めることを120%理解し、求めていることを提供する必要があります。

外注者が見ていること
  • 応募詳細をしっかり読んでいるか?
    →読んでいる人はレギュレーション(マニュアル)をしっかり読まない可能性が高いので、不採用
  • 応募ジャンルにどれくらい知識があるか?
  • ライティング能力
    →WordPressにいい記事を書けばOK

この3つを満たしていれば、だいぶいい応募文です。採用確率が上がるので、まずはいい応募文を作れるようにしましょう。

「応募詳細をしっかり読んでいない」「応募の文章に記入漏れがある」では、ほぼ落選します。

「相手が求めているものに120%で回答する」ことを意識すれば、だんだん採用されるようになってきますよ!

Webライターは文字単価よりも時間単価な理由

Webライターは文字単価よりも時間単価な理由

ここまで文字単価のことを書いてきましたが、大事なのは時間単価です。文字単価より時間単価を優先した方が稼げますので、まずは時間単価の考え方をマスターしていきましょう。

時間単価で収入が上がる

次の2つを比較すると、文字単価1.5円の案件の方が時間単価がいいことがわかります。

  • 文字単価2円の5000文字案件:10時間掛かる(1時間1,000円)
  • 文字単価1.5円の5000文字案件:3時間掛かる(1時間2,500円)

案件を受ける前にどれくらい時間がかかるかは分かりませんが、案件を実際に受けるとどれくらい時間がかかるかが把握できます。

一件目はどうしても時間がかかってしまいますが、継続案件を獲得できると、どんどん執筆時間が短くなります。

時間単価を上げるコツ
  • 継続案件を獲得する
  • リサーチ時間が短くなる案件に特化する

1時間に2,000文字書ければ、それだけで時給2,000円です。

まずは案件を獲得することですが、継続的に案件を獲得できるようになったら、次は時間単価を意識してみてください。

文字単価はいいけど、時間が無限に取られる案件はキツい

時間単価はいいけど、時間が無限に取られる案件はメンタル的にかなりキツいです。

  1. 限られた時間で作業しないといけない
  2. 時間が無限に取られる
  3. 納品に間に合わない可能性が出てくる

どんなときもライターのことを考えなければならなくなります。

もちろん、ライターに挑戦したばかりの頃はスキルを身に付けるために、毎日考え続けるのがおすすめです。ただ、ずっとそうするわけにもいかないので、時間が取れない案件を取るという意識を持っておくと良いでしょう。

文字単価は5,000文字程度の案件を10件以上こなしたら意識しよう

ここまでのテクニックを駆使しても、クラウドワークスでの評価が高くなければ、依頼は受けにくいです。

なので、まずは5,000文字程度の案件は10件程度受注しましょう。

その時に文字単価を低くしすぎる必要はありません。

最初の10件で意識すること
  • 文字単価は0.8円以上(できれば1円)
    →本当に案件がなければ、0.5円もであり
  • 評価を上げるために全力でやり切る
  • 構成やマニュアルをよく見て、勉強しておく

最初の10件を全力でやれば、力が着実に身に付いてきます。

経験がないうちから時間単価を意識すると受けられる案件がなくなってしまうので、最初の10件は時間単価を無視して、全力でやり切りましょう。

全力でやれば、あとは結構楽になりますよ!

まとめ:Webライター文字単価2円は「3つの重要事項」を制そう!

まとめ:Webライター文字単価2円は「3つの重要事項」を制そう!

Webライターで文字単価2円を目指すには「WordPress」「応募ジャンルの知識」「魅力的な応募文」の3つが必要です。

この記事の内容を丁寧に実践していただければ、文字単価2円以上の案件も獲得できるようになります。

発注者が何を求めているのか、発注者の期待にどうやったら応えられるかを意識して、文字単価2円以上の案件にチャレンジしてみてくださいね!

ライター収入を一段上に上げたい方へ。

スキマ時間で稼ぐWebライター研究所ではより具体的な応募文の書き方や記事の書き方を解説した「動画塾」
3ヶ月間徹底的にサポートするコンサルを行なっています。

「ネット記事をいくら読んでも成果が出ないけど、頑張っているあなた」は、勉強方法を変えるだけで成果が出ます。
努力×知識で、あなたのライター人生は圧倒的に変わります。

Webライター初心者向けおすすめ講座と判断基準【選び方徹底解説】

【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼ぐライターになる3ヶ月特訓動画塾

【返金保証あり】3ヶ月でガッツリ稼ぐWebライター講座「超速ライター養成ラボ」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次