無料プレゼント配布中【追加特典もあり】

クラウドワークスデータ入力案件は怪しい?違反案件を避けて稼ぐ方法

クラウドワークスデータ入力案件は怪しい?違反案件を避けて稼ぐ方法

「クラウドワークスのデータ入力案件が怪しい」
「メールアドレスを教えるよう言われたけど、大丈夫なの?」
「怪しいビジネスに勧誘されそうで怖いです…。」

そんなお悩みを解決します。

クラウドワークスは在宅で稼ぐには必要不可欠です。

ただ、怪しい案件もあり、初心者はどの案件に応募したらいいか迷ってしまいますよね。

そこで、この記事ではクラウドワークスの怪しいデータ入力案件例と違反案件を避けて稼ぐ方法を解説します。

副業で稼ぎたい人やフリーランスを目指したい人は必見の内容になっているので、ぜひじっくりとお読みください。

運営者たけのプロフィール

Twitter(@takeuchigoro

タケのプロフィール

2017年から在宅収入に挑戦して、2020年からフリーランス。
ブログ累計収入1,000万円超、ライター業務100件以上です。

ライターで稼ぐ手順を失敗談と成功体験を踏まえて、お伝えします。

ライターで稼ぐ手順を1記事にまとめました(よかったらブックマークしてね!)

Webライターの正しい始め方!初心者が月50万円稼ぐまでの全手順

【無料】ライター動画塾の一部をプレゼント中

【2022年7月16日〜8月10日クラウドワークスチャレンジ実績(約27万円)】

クラウドワークス2022年8月
クラウドワークスプロフィール
その他、直接契約あり。
目次

クラウドワークスデータ入力案件は怪しい案件が多い

クラウドワークスデータ入力案件は怪しい案件が多い

クラウドワークスのデータ入力案件は怪しい案件が多いです。

ただ、他のサイトも怪しい案件が多いので、クラウドワークスを使うのが無難という状況。

<怪しい案件サイクル>

  1. クラウドワークスが怪しい
  2. 他のサイトを使ってみる
  3. 怪しい案件がある
  4. 対応面はクラウドワークスがいい
  5. クラウドワークスを使う

結局はクラウドワークスを使うことになります。

なので、クラウドワークスで怪しい案件例と怪しい案件を避ける方法を知っておくのが大事です。

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件例

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件例

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件は次のとおりです。

  • 登録を積極的に促すやばい案件
  • 代理出品を依頼するやばい案件
  • 課金が必要な商品に登録させる違反案件
  • 個人情報を聞き出す案件
  • 仮払い前に作業を要求する案件
  • ビジネス勧誘がある案件
  • 実際に会うことを要求される案件

具体的にどんなところが怪しいのか確認しましょう。

登録を積極的に促すやばい案件

サービスやメルマガなどへ登録を促すのは怪しい案件です。

その理由は、クラウドワークスを通じて、登録を促すのは違反行為だからです。

禁止行為
  • サービス無料登録
  • メルマガ登録
  • サイト登録

このような登録を促すような案件は応募しないか、応募後はクラウドワークスへ問い合わせましょう。

代理出品を依頼するやばい案件

代理出品を依頼する案件も、怪しい案件です。

なぜなら代理出品も禁止されていて、やってはいけないことだからです。

厳密には禁止じゃないものもあり、かなりグレーゾーンではありますが、そのような怪しい案件は受けないのが無難でしょう。

出品を管理するようなものも、基本的には避けた方がいいです。

課金が必要な商品に登録させる違反案件

課金が必要な商品に登録させる案件は、絶対にやってはいけない違反案件です。

禁止されているだけでなく、お金を失ってしまうので、絶対に応募しないようにしましょう。

応募後に発覚した場合でも、慌てずクラウドワークス側に相談すれば問題ありません。

<クラウドワークス側の対処>

  • メッセージを確認してくれる
  • 違反案件なら、発注者を厳正に対処

クラウドワークスのようなクラウドソーシングは、このような違反例に対処するためにあるようなものです。

怖がらずに問い合わせて、自分の身を守りましょう。

個人情報を聞き出す案件

個人情報を聞き出す案件も、やってはいけない案件です。

最終的に高額商材を販売されたり、関わらない方がいいビジネスに勧誘される可能性があります。

  • メールアドレスを聞き出す案件
  • LINEの情報を聞き出す案件

こういった「個人情報への聞き出す案件」はやらないようにしましょう。

ただ、契約後チャットワークによるやりとりは、許されています。

ChatWorkを利用するのは悪いことではなく、その判断が難しいですが、やり取りの怪しさを自分で判断して、臨機応変に対応しましょう。

仮払い前に作業を要求する案件

仮払い前に作業を要求する案件も警戒が必要な怪しい案件です。

なぜなら、無報酬で作業してしまう可能性があるからで、クラウドワークスでは以下の状態になるまで作業してはいけません。

「業務」にある状態で作業をスタートします。

「仮払い」の状態で作業を要求された場合は、相手のミスか怪しい案件なので、必ず確認するようにしましょう。

ミスの時もあるので、決めつけはNG。しっかり確認を取ろう!

ビジネス勧誘がある案件

ビジネス勧誘がある案件もNG案件です。

クラウドワークスを通じて行う勧誘は規約違反なので、勧誘があった場合はすぐに通報や問い合わせをしましょう。

<ビジネス勧誘例>

  • ZOOMで「共同サイト運営」を提案される
  • LINEで「稼げるプロジェクト」を提案される
  • 謎のスクールを提案される

こういった事例が多いわけではありませんが、ゼロではありません。

ビジネス勧誘があったら、クラウドワークスに問い合わせましょう。

実際に会うことを要求される案件

実際に会うのを要求される案件もNGです。

クラウドワークスでやっていいのはオンライン通話(ZOOMなど)までで、実際に会ってはいけない決まりになっています。

こんな要求に注意
  • 大きなプロジェクトがある
  • まだ誰もやってない事業を今から始める
  • 年商1億の人に会える

心の隙をついてくるような言葉を並べてきますが、その要求を飲まないようにしましょう。

クラウドワークス経由で実際に会うのはNGです。

ライティング系の案件例:Webライターのひどい闇案件事例!避けるべき仕事を徹底解説

クラウドワークスの怪しい案件はデータ入力だけに限らない

クラウドワークスの怪しい案件はデータ入力だけに限らない

クラウドワークスの怪しい案件はデータ入力だけではありません。

  • ホームページ制作
  • デザイン
  • 動画編集
  • ライティング
  • 事務作業

など、ほぼ全てのジャンルで怪しい案件は存在します。

データ入力案件以外にも怪しい案件はあるので、「怪しい案件を見極める力」が大事です。

では、具体的にクラウドワークスの怪しい案件を見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件を避ける方法

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件を避ける方法

クラウドワークスの怪しいデータ入力案件を避ける方法は下記です。

  • クライアントの評価を見る
  • 登録を促されたら、クラウドワークスに報告する
  • 契約前に連絡先情報を求める

案件を受けてからでは困るので、事前にチェックしておきましょう。

クライアントの評価を見る

怪しい案件を避ける1つ目の方法は、クライアントの評価を見ることです。

他のワーカーの評価で、いいクライアントかどうかある程度判断できます。

クラウドワークスは、発注者が星5つで評価される仕組みです。

応募詳細の下側で評価がわかりますので、必ずチェックしましょう。

ライティング案件の選定基準
  • 文字単価0.5円以上(早めに1円前後に移行)
    →テストライティングの文字単価0.5円以上
  • 評価4.5以上(4.8〜5が理想)
  • 過去の発注が10件以上
  • プロジェクト完了率80%以上(そこまで重視しなくていい)

    →特に、文字単価と評価が重要
    →状況が変われば、基準変更の可能性あり

応募詳細をしっかり読む

応募詳細をしっかり読むのも、怪しい案件を避ける方法です。

詳細をしっかり読むだけで、落とし穴が発見できるケースがあります。

<応募詳細で発見できる罠>

  • テストの単価が異様に低い
  • 登録が必要な旨が目立たないところに書かれている
  • 引っかかる表現が多い

応募詳細を読んで「おやっ?」と思ったら、応募はやめるようにしましょう。

登録を促されたら、クラウドワークスに報告する

登録を促されたら、クラウドワークスに報告しましょう。

クラウドワークス側の判断を待ってから、次の行動に移るのでも遅くはありません。

登録してしまったら、もう遅いです。

LINEやメルマガの登録を促される前に、クラウドワークスに連絡するようにしましょう。

怪しい案件が多いなら、使うのはクラウドワークス以外の方がいい?

怪しい案件が多いなら、使うのはクラウドワークス以外の方がいい?

クラウドワークス以外にも、いろんなクラウドソーシングがあります。

  • ランサーズ
  • クラウドテック
  • サグーワークス
  • Wantedly

ただ、私としてはどのクラウドソーシングサイトでも怪しい案件はあり、初心者にはクラウドワークスがいいと感じています。

その理由は、違反案件への対応と応募案件の豊富さです。

クラウドワークスの利便性はなんだかんだでいいなと感じます。

怪しい案件はありますが、避ける方法を知ってさえいれば、問題ありません。

初心者が使いやすい機能がたくさんあるので、今から副業を始める方はまずクラウドワークスで稼ぎましょう。

クラウドワークスで稼ぐための案件選定基準

データ入力ではなく、ライティングになりますが、クラウドワークスで稼ぐための案件選定基準を作っています。

  • 文字単価0.5円以上(早めに1円前後に移行)
    →テストライティングの文字単価0.5円以上
  • 評価4.5以上(4.8〜5が理想)
  • 過去の発注が10件以上
  • プロジェクト完了率80%以上(そこまで重視しなくていい)

    →特に、文字単価と評価が重要
    →状況が変われば、基準変更の可能性あり

全ての条件を満たした案件がない時もありますが、できる限り条件を満たした案件に応募しましょう。

クラウドワークスの活用法については、他に記事がありますので、併せて読んでみてください。

まとめ:クラウドワークスは怪しい案件の避けて稼ごう!

まとめ:クラウドワークスは怪しい案件の避けて稼ごう!

クラウドワークスには怪しい案件がありますが、避け方は確立されています。

応募前にチェック項目を確認して、悪質な案件に応募しないようにしましょう。

最後のクラウドワークスの怪しい案件をおさらいします。

  • 登録を積極的に促すやばい案件
  • 代理出品を依頼するやばい案件
  • 課金が必要な商品に登録させる違反案件
  • 個人情報を聞き出す案件
  • 仮払い前に作業を要求する案件
  • ビジネス勧誘がある案件
  • 実際に会うことを要求される案件

応募した後でも、クラウドワークスに問い合わせすれば、その後対応してくれます。

クラウドワークスは使い方さえわかれば稼げるので、この記事を参考にクラウドワークスを使いこなしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
3ヶ月で時間Webライターになる特訓コンテンツ
【未経験から在宅収入】スキマ時間サクッと稼げるライターになる3ヶ月特訓動画塾

1週間目から順番にWebライターへの道のりを解説したテキスト&動画コンテンツ

初心者方でも覚えられる勉強量に厳選し、3ヶ月でスキマ時間ライターを目指します。

超速ライター養成コンサル

毎週のZOOM指導で、Webライターのスキルを圧倒的スピードで身につける講座。

本気の人以外お断り。

上記の3ヶ月動画塾の内容+個別指導が付属した内容です。

目次